Main

ガバナンスと人材

基本方針

人材に対する考え方

三井物産はその長い歴史を通じて「人材主義」、「自由闊達」、「挑戦と創造」といった価値観や理念を掲げ、常に「人」を大切にし、社会に役立つ多様な人材の育成・輩出に努めてきました。

当社の経営理念のMissionにある「大切な地球と、そこに住む人びとの夢溢れる未来作りに貢献」を実現するために、いつしか「人の三井」と称されるようになったこうした価値観・組織風土を、グローバルに活躍する約4万2千人の当社連結従業員に対して人材育成を通じて浸透させることを一層強化していきます。

また、企業を取り巻く環境が今後大きく変化し、先を見通し難い不確実な時代において、当社グループが新たな価値を創造するためには、個々の人材を磨き、当社および当社グループ各社がそれぞれ備える高い機能や専門性を発揮しながら、グループの総合力を向上させていくこと、そして当社グループで働く多様な人材が活き活きと活躍できる環境を整えていくことが何より重要だと考えています。

人事制度に対する考え方

当社では、人事制度を「社員一人ひとりが活き活きと働く」ことを支え、「三井物産の使命、理念を実現するためのもの」と位置付けており、以下のような点を重視しています。

1.多様な人材の確保
創造力とバランス感覚あふれ、多様なバックグラウンドを持つ人材を採用
2.人材の育成
当社価値観を共有し、経営理念の実現を主導できるリーダーシップを備えた人材の育成
3.人材の適正任用・配置
当社グループのグローバルな人材プールから最適な人材を任用・登用
4.ダイバーシティ経営の推進
多様な人材一人ひとりが、能力を最大限発揮し活躍できる施策や環境の整備
5.労働環境や安全衛生への配慮
社員が健康かつ安全に、そして安心して働き続けられる職場環境の整備

当社グループにおいても、「三井物産グローバル連結経営指針」などを通じて上記の考え方を共有しつつ、各社の業態に合った人事制度の策定や人材の採用・育成・任用等を進めています。