リリース | 社内起業制度第一号案件:シニア世代向け音声サービス事業会社の設立 - 三井物産株式会社

Main

社内起業制度第一号案件:シニア世代向け音声サービス事業会社の設立

2018年7月18日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永 竜夫、以下「三井物産」)は、社内起業制度(*)の第一号案件として、シニア世代に対する音声AIスピーカーを活用した音声サービス・アプリ事業を選定し、株式会社ボイスタート(以下「ボイスタート」)を設立しました。ボイスタートには三井物産の他、AI(人工知能)・音声インターネットサービスを提供する株式会社チェンジ(本社:東京都港区、代表取締役:福留 大士)と、同制度の規程に基づいて提案した三井物産社員自身も出資しています。

音声認識技術・AIの技術革新により、音声AIスピーカーを利用することで、PCやスマートフォンなどを介することなく、「音声」のみで音楽鑑賞や調べ物、買い物といった様々なサービスを利用できるようになってきました。ボイスタートは、「音声」のポテンシャルを使ってシニア世代の生活をより楽しく、豊かにすることを理念に掲げ、心身の健康維持や娯楽、行動・活動支援のための使いやすい音声サービス・アプリを提供するとともに、併せてサービス利用者が地域コミュニティとつながっていくことを支援していきます。

三井物産は、社員一人ひとりの「個」を強化し、個性あふれる多様なプロ人材の集団が、自由闊達に挑戦と創造を実践し、「つなぐ」から「つくる」へ進化を遂げながら、主体的にビジネスをつくることを目的とし、2017年に「社内起業制度」を導入しました。第一号案件に続き、これからも当社の新事業創出につながる事業開発に挑戦する風土を後押しすべく、自らの事業アイデアで起業する意欲のある社員のチャレンジを応援していきます。

(*)社内起業制度=社員が新規事業を会社に提案し、認められた場合には当該社員自身の出資に加え、会社が資金提供を含めた一定の援助を行う制度です。当該社員は、新会社の代表取締役社長として出向し、一定期間を経過後に会社の許可を得た場合には、新会社の代表取締役社長として転籍することも可能です。

新会社概要

新会社名称 株式会社ボイスタート
所在地 東京都千代田区
設立年月日 2018年7月18日(水)
出資構成 三井物産株式会社 77.8%、株式会社チェンジ 11.1%、その他 11.1%
代表者 代表取締役社長 回谷 信吾
事業概要 (1)音声サービス事業
(2)音声機器等販売事業
(3)音声サービス関連コンサルティング事業
(4)情報の処理及び提供事業
(5)前各号に付帯関連する一切の事業
URL

https://www.voistart.co.jp

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information