リリース | ニューヨーク市におけるガス火力発電事業への出資参画について - 三井物産株式会社

Main

ニューヨーク市におけるガス火力発電事業への出資参画について

2013年10月31日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、GDF SUEZ S.A.の子会社であるGDF SUEZ Energy North America, Inc.(以下「GDFスエズ」)から、米国ニューヨーク州ニューヨーク市におけるAstoria Iガス火力発電事業(以下「本事業」)の持分の20.6%を取得しました。本事業の事業規模は約10億米ドル(約1,000億円)となります。

本事業は米国有数の電力消費地であるニューヨーク市においてAstoria I複合ガス火力発電所を運営するIPP(独立系発電)事業であり、2016年5月までは同地域を管轄する電力会社Consolidated Edison社子会社との売電契約に基づき電力を販売し、売電契約満了後はニューヨーク電力市場に売電する計画です。Astoria I発電所は2006年に商業運転を開始しており、同地域における最新鋭の発電所の一つです。同地域は今後も電力需要が伸びる見通しであり、引き続き電力供給の安定化に寄与することを期待されています。

三井物産とGDFスエズは世界12ヵ国において発電事業やLNG輸出プロジェクトを共同推進しており、北米のIPP事業としては、2012年末のカナダ再生可能エネルギーポートフォリオ(発電容量680MW)への当社参画に続く2件目の協業となります。両社は、本事業を通じてグローバルパートナーシップを更に強化する共に、既存の共同事業の拡張や良質化のほか、全世界で新たな共同事業を検討していきます。

三井物産は米国において、シェールガスの開発・生産、LNG輸出プロジェクト、メタノールなどの化学品製造事業、及びガス物流事業等のシェールガス関連事業を推進しています。さらに、10月1日付でシェールガスの上流開発に加え、関連事業を企画・推進するシェールガス事業部を新設しました。本事業におけるガス調達や資金調達、電力供給先の自由度の高さを活かし、将来的に三井物産のガス物流事業子会社から本事業へのガス供給など、三井物産の総合力を発揮し各分野の機能・知見を活かした取り組みを目指していきます。

Astoria Iガス火力発電事業概要

出資構成 三井物産 20.6%
GDFスエズ 38.0%
AE Investor 25.0%
SNC-Lavalin 12.3%
East River 4.1%
発電所所在地 米国ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区アストリア
発電容量 575MW(定格出力)
商業運転開始時期 2006年5月

GDF SUEZ概要

名称 GDF SUEZ S.A.
所在地 フランス パリ
代表者 Gérard Mestrallet (Chairman & CEO)
事業内容 電気、天然ガス、エネルギーサービス
設立年月 2008年7月

スキーム図

スキーム図

Astoria Iガス火力発電所

Astoria Iガス火力発電所

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information