リリース | 三井物産と京セラソーラーコーポレーションの「ソフトバンク泉大津ソーラーパーク」への参画について - 三井物産株式会社

Main

三井物産と京セラソーラーコーポレーションの「ソフトバンク泉大津ソーラーパーク」への参画について

2013年10月3日


三井物産株式会社
SBエナジー株式会社
株式会社京セラソーラーコーポレーション


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:飯島 彰己、以下「三井物産」)と株式会社京セラソーラーコーポレーション(本社:京都府京都市、代表取締役社長:後藤 政治、以下「京セラソーラーコーポレーション」)は、SBエナジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下「SBエナジー(エスビー エナジー)」)が大阪府泉大津市夕凪町において建設を表明している大規模太陽光発電所(メガソーラー)「ソフトバンク泉大津ソーラーパーク」に参画し、共同で発電事業を推進することに合意しました。

「ソフトバンク泉大津ソーラーパーク」は、大阪府泉大津市夕凪町の約25万m2(約25ha)の府所有地に建設される大阪府下最大※のメガソーラー発電所です。京セラ製太陽電池モジュール約8万枚を設置し、最大出力規模は約1万9,600kW※(約19.6MW)で、年間予想発電量は約2,068万kWh(一般家庭約5,700世帯分の年間電力消費量に相当する規模)となる見込みです。本発電所は、三井物産、SBエナジー、京セラソーラーコーポレーションが共同で設立する「泉大津ソーラーパーク株式会社」が運営を行い、2014年7月中の営業運転開始を目指します。

三井物産とSBエナジー、京セラソーラーコーポレーションの各社は、今後も自然エネルギーの普及・拡大を目指し、メガソーラーをはじめとする自然エネルギー発電所の建設と運営を推進します。

※2013年10月3日現在。

ソフトバンク泉大津ソーラーパークの概要

所在地 大阪府泉大津市夕凪町7-2
敷地面積 約25万m2(約25ha)
出力規模(太陽電池容量) 約1万9,600kW(約19.6MW)
年間予想発電量(初年度) 約2,068万kWh/年
一般家庭約5,700世帯分の年間電力消費量に相当

※1世帯当たり3,600kWh/年で算出

運転開始 2014年7月(予定)

泉大津ソーラーパーク株式会社の概要

正式名称 泉大津ソーラーパーク株式会社
所在地 大阪府泉大津市夕凪町7-2
設立年月日 2012年8月31日
出資構成 三井物産株式会社:49%
SBエナジー株式会社:49%
株式会社京セラソーラーコーポレーション:2%

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information