投資家情報 | 環境・社会・ガバナンス(ESG)活動報告:海外大学での冠講座を通じた高度人材育成 - 三井物産株式会社

Main

[その他・特集]
環境・社会・ガバナンス(ESG)活動報告:海外大学での冠講座を通じた高度人材育成


当社は、事業を展開する世界各地の大学と連携して冠講座を展開しています。日本や当社に関する講演を通じて、日本と各国の経済交流の拡大と地域社会の発展に寄与するリーダー人材の育成を支援しています。中国の北京大学では、2017年5月に世界で活躍する建築家の隈研吾東京大学教授を招いて「建築と都市の新時代」をテーマに、また同年10月には東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会事務総長も務める武藤敏郎取締役による「東京2020競技大会とイノベーション」の講演を行いました。冠講座は、中国に加えて米国、ブラジル、ロシア、ポーランド、ベトナムの計6ヶ国、9大学に拡がっています。

海外大学での冠講座を通じた高度人材育成北京大学で講演する隈研吾東京大学教授
2017年 ディスクロージャー優良企業賞
FTSE4Good
Member of Dow Jones Sustainability Indices
ROBECOSAM Sustainability Award

本ウェブサイト上にて開示されているデータや将来予測は、それぞれの発表日現在の判断や入手可能な情報に基くもので、種々の要因により変化することがあり、これらの目標や予想の達成、及び将来の業績を保証するものではありません。また、これらの情報が、今後予告なしに変更されることがあります。従いまして、本情報および資料の利用は、他の方法により入手された情報とも照合確認し、利用者の判断によって行なって下さいますようお願いいたします。また、これらの情報は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。これらの情報は無償で提供されるものであり、内容には細心の注意を払っておりますが、情報の誤りやファイルの瑕疵、その他本資料利用の結果生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。