Main

Contents Close

Gate 4 Management Foundation

イニシアティブへの参画

国連グローバル・コンパクト

国連グローバル・コンパクト

三井物産は2004年10月に署名、支持を宣言し、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(以下、GCNJ)の理事企業として参画、国連グローバル・コンパクトを当社自身の原則として遵守しています。現在もGCNJのメンバー企業として、同原則の遵守と実践、SDGs推進にグローバル・グループベースで取り組んでいます。

グローバル・コンパクトの10原則

人権

企業は、

原則1国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重し、

原則2自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである。

労働

企業は、

原則3結社の自由と団体交渉の実効的な承認を支持し、

原則4あらゆる形態の強制労働の撤廃を支持し、

原則5児童労働の実効的な廃止を支持し、

原則6雇用と職業における差別の撤廃を支持すべきである。

環境

企業は、

原則7環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持し、

原則8環境に関するより大きな責任を率先して引き受け、

原則9環境に優しい技術の開発と普及を奨励すべきである。

腐敗防止

企業は、

原則10強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである。

持続可能な開発目標(SDGs)

マテリアリティとSDGsの関係

安定供給の基盤をつくる
  • 1
  • 2
  • 3
  • 7
  • 12
  • 14
  • 15
豊かな暮らしをつくる
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
環境と調和する社会をつくる
  • 3
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 17
新たな価値を生む人をつくる
  • 3
  • 4
  • 5
  • 8
  • 10
インテグリティのある組織をつくる
  • 3
  • 5
  • 10
  • 13
  • 16

その他イニシアティブ

  • TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)
  • 世界経済フォーラム
  • FSC®(Forest Stewardship Council®、森林管理協議会)
  • RSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil、持続可能なパーム油のための円卓会議)
  • クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(CLOMA)
  • CEFLEX(Circular economy for flexible packaging)
  • ASI(Aluminium Stewardship Initiative)
  • 日本経済団体連合会
    (企業行動・SDGs委員会、人口問題委員会、ダイバーシティ推進委員会、資源・エネルギー対策委員会、開発協力推進委員会、環境安全委員会、自然保護協議会)
  • 日本貿易会
    (地球環境委員会、サステナビリティ・CSR研究会)
  • 生物多様性民間参画パートナーシップ