Main

タイでの界面活性剤(商品名:ソフタノール®)製造販売合弁事業検討に関する覚書締結

2017年12月26日


三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安永竜夫、以下「三井物産」)は、株式会社日本触媒(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:五嶋祐治朗、以下「日本触媒」)、PTT Global Chemical Public Company Ltd.(以下「PTTGC」)と共同で、タイでのセカンダリーアルコールエトキシレート(界面活性剤、商品名:ソフタノール®)の製造販売合弁事業に関する検討を進めるための覚書(Memorandum of Understanding:以下「MOU」)を締結しました。

MOU締結により、タイでソフタノール製造販売に関わる事業化の検討を開始し、2019年3月期中の投資判断を予定しています。

本製造設備の立地は、タイ・ラヨン県マプタプットのヘマラートイースタン工業団地を候補地とし、2022年の商業運転開始を目標に検討を進めていきます。原料となるエチレンオキサイドは、同工業団地内のPTTGCから供給を受ける予定です。

ソフタノールは高い洗浄力・高い生分解などさまざまな優れた特長を持つ界面活性剤です。一般家庭用の液体洗剤や工業用の各種洗浄剤など幅広い用途に使用されており、昨今のQuality of Lifeへの関心の高まりを受け、今後さらなる需要の伸びが見込まれています。

三井物産は、高機能素材の事業展開を通じて、世界の人々の豊かな生活の実現に貢献していきます。

ソフタノール製造拠点の日本触媒川崎製造所((株)日本触媒提供)ソフタノール製造拠点の日本触媒川崎製造所((株)日本触媒提供)
(株)日本触媒提供(株)日本触媒提供