Main

欧州の知財総合サービス大手のNovagraaf社と資本業務提携

2017年10月27日


三井物産株式会社は2017年、欧州のNovagraaf Group B.V.(Novagraaf社)と資本業務提携しました。

知財大国の日本で、三井物産は2013年から主に企業や大学の知財活用による収益化に取り組んでいますが、知財の継続的な創造と利活用の重要性は一段と高まってきており、今回の資本業務提携で、同社サービスの日本市場での展開により知財のライフサイクルにわたる総合サービス提供を一層重厚に加速させます。

Novagraaf社は設立以来約130年にわたり欧州をベースに、世界各国・地域で高品質な総合知財サービスを提供しています。今回、三井物産は、Novagraaf社が有する機能とグローバルネットワークを相互で活かし、知財戦略の策定・権利化はじめ維持管理といった高度な専門的サービスから、企業や大学など顧客が保有する知財の有効活用や新たな価値創造の展開まで、シームレスな知財総合サービスを提供し、オープンイノベーションの推進に貢献します。

Novagraaf社概要

正式名称 Novagraaf Group B.V.
本社所在地 オランダ アムステルダム市
設立 1888年
代表者 Mrs. Lutgarde Liezenberg, CEO
従業員数 約400名
事業内容 知的財産に全般係る法務専門サービス、コンサルティングサービスの提供

ノヴァグラーフ株式会社概要

正式名称 ノヴァグラーフ株式会社
(Novagraaf社100%子会社)
所在地 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル4階
代表者 Dr. Arjen van Blokland
ノヴァグラーフ社日本代表のArjen van Blokland氏(左)と深谷三井物産ビジネス推進部長(右)ノヴァグラーフ社日本代表のArjen van Blokland氏(左)と深谷三井物産ビジネス推進部長(右)
Novagraaf社Executive Management BoardのLutgarde Liezenberg CEO(中央)、Michel Elsenga CFO(右)、Gerard Delaney CCO(左)Novagraaf社Executive Management BoardのLutgarde Liezenberg CEO(中央)、Michel Elsenga CFO(右)、Gerard Delaney CCO(左)