Main

環境

三井物産環境基金

助成案件選定について

2017年度活動助成案件選定について

2017年10月3日

案件決定について

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)は、2017年度三井物産環境基金活動助成案件を決定しました。
三井物産は2005年より、環境分野における助成プログラムとして「三井物産環境基金」を立ち上げ、地球環境問題の解決と持続可能な社会構築に貢献するさまざまな案件を支援してきました。
当基金では、「未来につながる社会をつくる」を助成プログラムが目指すべき主要な命題と位置づけ、環境へのアプローチごとに、「地球環境」、「資源循環」、「生態系・共生社会」、「人間と社会のつながり」、の4つの課題領域を設定しています。
案件選定にあっては、地球環境問題の解決と持続可能な社会構築に貢献する実践的な活動で、またその成果が社会に広く行き渡ることを特に重視し、募集・選定を行いました。
2017年度の活動助成案件の応募は73件あり、有識者等による厳正な審査を行った結果、助成案件10件・助成金額約6,300万円の案件を決定しました。
これにより2005年からの助成件数の累計は548件、総額約56億2,300万円となりました。

案件募集について

2017年度活動助成案件の募集は締め切りました。多数の応募有難うございました。

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)は、三井物産環境基金2017年度の活動助成案件募集を開始します。
当社は2005年より、環境分野における助成プログラムとして「三井物産環境基金」を立ち上げ、地球環境問題の解決と持続可能な社会の構築に貢献するさまざまな案件を支援してきました。本年度も引き続き、「未来につながる社会をつくる」ことを助成プログラムが目指すべき主要な命題として、以下4つの領域を対象課題とした環境貢献活動を募集します。
2017年度活動助成への皆様の積極的なご応募をお待ちしています。

4つの助成対象領域

募集要項概要

助成プログラム 活動助成
募集要項・申請書・アンケート・送り状・よくあるご質問と回答
ダウンロード
応募締切 2017年6月10日(土)
(消印有効)
助成対象団体 日本国内に拠点をもつ、特定非営利活動法人(NPO法人)、一般社団・財団法人、公益社団・財団法人、大学、高等専門学校のうち、活動実績が3年以上ある団体(法人格取得以前の活動実績も含みます)。
助成対象案件

活動助成の対象は、申請者が主体的に取り組む持続可能な社会の実現に貢献する「実践的な環境貢献活動」で、下記の領域に係わるものとします。

<対象分野>

  • A)地球環境
    自然の変化をモニタリングし、その結果に基づく必要な警鐘と対応につながる活動
  • B)資源循環
    資源の効果的管理および活用につながる活動
  • C)生態系・共生社会
    生態系サービスの保全と利用、並びに生態系と人間が共存するための調整につながる活動
  • D)人間と社会のつながり
    環境問題を基盤にした、人と社会の関係の再構築に繋がる活動
助成期間 2017年10月より3年以内

助成金額

上限なし。但し、案件の効率的な実施に必要と認められる金額の範囲内。

選定方法 社外専門家および当社社員による1次審査ならびに案件選定会議による審査、更に当社役職員により構成される案件審議会による総合的判断に基づき決定。
応募方法 当社ホームページ内の所定の『申請書』に必要事項をご記入の上、下記事務局まで郵送してください。
お問い合せ先 〒100-8631 東京都千代田区丸の内1-1-3
三井物産株式会社 環境・社会貢献部「環境基金2017年度活動助成」係
TEL:03-6705-6156
E-mail:17MBK-KankyokikinTKVCE@mitsui.com
※ゴールデンウィーク期間(4月29日(土)~5月7日(日))中、事務局はお休みをいただいております。
お電話は繋がりませんので予めご了承ください。
なお、メールでのお問合せは随時受け付けております。