Main

マテリアリティごとの活動報告

地球環境の保全

世界中の国・地域で事業を展開する企業として、地球環境への影響に対する配慮が重要であると認識し、活動を推進しています。

人権の尊重

世界中の国・地域で多様なバリューチェーンを構築している企業として、取引先・消費者も含め、国際基準にのっとった人権の尊重はサステナビリティ経営の基盤であると認識し、活動を推進しています。

地域産業・生活基盤の充実

事業を展開する国・地域に暮らす人々の生活向上や地域産業の発展、教育環境の整備、雇用機会の創出に資する貢献が大切であると認識し、活動を推進しています。

資源・素材の安定供給

新興国を中心に人口増加が続き、より豊かな生活を目指していくうえで、エネルギー、金属、水、食料、化学品などの資源および素材の需要増加に伴い、供給ソースの確保と安定供給が社会課題であると認識し、活動を推進しています。

ガバナンスと人材

事業活動を通じて継続的に社会に貢献し、社会から信頼される企業であり続けるため、その基盤であるコーポレート・ガバナンス体制の充実と内部統制、そして、それを支え、すべての事業活動の基礎となる人材を育成することが重大な課題であると認識し、活動を推進しています。