Main

ガバナンスと人材

ダイバーシティ経営の推進

当社の目指すダイバーシティ経営

多様な人材一人ひとりが能力を最大限に発揮できる環境をつくる

経営環境がグローバルにますます激変する中、さまざまな変化に対応し、リスクをビジネス上の機会として捉えるためには、多様な価値観を有する幅広い層の人材を確保することが重要です。
こうした考え方から、三井物産グループは、国籍、性別、価値観など、多様なバックグラウンドを持つ人材を擁しています。

多様な人材一人ひとりがお互いを認め合い、刺激を受け合いながら、ビジネスに新たな価値をもたらし、イノベーションを創出することで当社の企業競争力を高め、新しい価値創造を実現する企業へと変革していくこと、それが当社グループのダイバーシティ経営への取り組みです。
具体的には、経営理念の共有を中心に、その実現のための土台として、多様な個性を活かす企業風土の醸成と意識改革、多様性を支える制度の構築・継続的な見直しを進めながら、グローバル・グループベースでの人材の育成・活用を進め、「多様な人材の総戦力化による企業競争力の向上」を目指しています。

当社の目指すダイバーシティ経営

ダイバーシティ経営推進体制

所管役員 代表取締役執行役員鈴木副社長
審議機関(経営会議の諮問委員会) ダイバーシティ推進委員会
2006年4月に設立。当社のダイバーシティ経営推進の方針・施策などについて定期的に協議、決定しています。
事務局 人事総務部ダイバーシティ経営推進室
2005年10月に人事総務部内に設立した旧ダイバーシティ推進室(現ダイバーシティ経営推進室)が中心となり、ダイバーシティ経営の取り組みを進めています。
ダイバーシティ経営推進体制

ダイバーシティ経営の実現に向けた具体的な取組