Main

カンボジアでゴム植林とラバーブロック加工・輸出事業に参画

2015年1月13日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、カンボジアでゴム植林・加工事業並びに精米事業等を手掛けるMak Kim Hong氏傘下のMak Kim Hong Group Co., Ltd(以下「MKH-G社」)と、2013年4月に調査会社として共同出資したJapan (Cambodia) Tropical Plantation Partners Co., Ltd.(以下「JCTPP社」)を事業会社化し、カンボジアでのゴム植林並びにラバーブロック加工・輸出事業(以下「本事業」)を展開することで合意しました。

天然ゴムを加工したラバーブロックは、中国・インド等の新興市場での自動車需要増加を背景に、年率で約4~5%の伸びが期待出来る分野です。一方でゴム植林・ラバーブロック加工事業は労働集約型の事業であり、現在の主要産出国であるタイ・マレーシア・インドネシアでは人件費の上昇によるコスト高になっています。こうした事業環境により、将来的には世界のラバーブロック主要産地の一角として、インドシナ半島のカンボジアを筆頭にラオス・ミャンマー等の台頭が予想されます。

JCTPP社は事業会社化に伴い、カンボジア中部のコンポントム州に政府より貸与された土地の使用権(約1万ヘクタール)を取得予定です。今後は、ゴム植林を幅広く行い、将来的にはラバーブロックの加工場を建設することで、植林・加工・輸出までのバリューチェーンを構築していきます。

三井物産は、1995年よりオーストラリアにて製紙資源用の植林事業を手掛けており、同植林事業で培った知見と既存取引先へのグローバル販売力を活用し、ラバーブロックをタイヤメーカー等に直接販売していく計画です。また、本事業はカンボジアの経済発展や生活水準の向上、雇用創出に貢献する社会的意義の高い事業であり、環境及び地域住民との共生に配慮しつつ、本事業を推進していき、将来的にはミャンマー・ラオス他のインドシナ半島周辺国で同様の事業展開を目指していきます。

三井物産はJCTPP社への投資に当たり、独立行政法人日本貿易保険(NEXI)の収用・権利侵害リスク、戦争・不可抗力リスク、送金不能リスクを塡補する海外投資保険を付保する予定です。

JCTPP社概要

正式名称 Japan (Cambodia) Tropical Plantation Partners Co., Ltd.
(ジャパン カンボジア トロピカル プランテーション パートナーズ カンパニー リミティッド)
所在地 カンボジア王国プノンペン市
設立年月 2013年4月
代表者 Norng Veasna CEO(ノーング ヴェスナ)
出資比率 三井物産 49%、MKH-G 51%
事業内容 ゴム植林、ラバーブロック加工・輸出事業

ゴム植林から製品加工まで

1. ゴム植林

ゴム植林

2. タッピング(※)風景

タッピング風景 (※)タッピング:ゴム樹の幹をナイフで切り付け、そこから滲出する乳液状のラテックス(ゴム樹液)を容器で受けて収集する作業

3. ラテックス

ラテックス

4. ラバーブロック加工場

ラバーブロック加工場

5. 製品

製品

地図

地図

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information