Main

チリ共和国「カセロネス銅鉱山」の開山式開催並びに銅精鉱の出荷開始について

2014年8月1日


三井物産株式会社
JX日鉱日石金属株式会社
三井金属鉱業株式会社
パンパシフィック・カッパー株式会社


Main Contents

JX日鉱日石金属株式会社(社長:大井滋)及び三井金属鉱業株式会社(社長:仙田貞雄)の共同出資による銅事業会社パンパシフィック・カッパー株式会社(社長:大井滋)並びに三井物産株式会社(社長:飯島彰己)が出資し、カセロネス銅鉱山を運営するミネラ・ルミナ・カッパー・チリ社(社長:ネルソン・ピサロ、以下MLCC社)は、現地時間7月30日にサンティアゴにおいて同鉱山の開山式を執り行うと共に、銅精鉱の出荷を開始しました。

開山式には、安倍晋三内閣総理大臣、アウロラ・ウィリアムス鉱業大臣をはじめとした日本及びチリ両国の政府関係者、取引先、金融機関、地元関係者、鉱山関係者など500名以上が列席されました。

カセロネス銅鉱山は100%日本資本による資源開発プロジェクトで、2006年の権益取得から約8年間の開発期間を経て、2013年3月から電気銅を、2014年5月から銅精鉱の生産をそれぞれ開始しました。生産される銅精鉱は日本の輸入量の約1割に相当し、2040年までの長期にわたり我が国の銅資源の安定確保に貢献します。また、同鉱山の開発はチリ国経済の発展にもつながるもので、出資各社は今後MLCC社の安定操業に向けた支援を通じて、更なる両国関係の強化に寄与していきます。

また、銅精鉱約5,000トンを積載した出荷第1船(船名:鉱硫号)は、7月29日にチリのコキンボ港を出港しました。同船は、9月下旬にパンパシフィック・カッパー佐賀関製錬所に到着する予定です。

開山式でのテープカットの様子

開山式でのテープカットの様子 (左から)飯島三井物産社長、仙田三井金属鉱業社長、渡JXホールディングス名誉顧問、木村JXホールディングス会長、
村上駐チリ特命全権大使、大井JX日鉱日石金属社長、安倍内閣総理大臣、ピサロMLCC社長、ウィリアムス鉱業大臣、
パチェコ エネルギー大臣、バルガス アタカマ州知事、デルガド ティエラ・アマリージャ市長

カセロネス銅精鉱 出荷第1船(鉱硫号)への積載のようす

カセロネス銅精鉱 出荷第1船(鉱硫号)への積載のようす


カセロネス銅鉱山について

1. 所在地

チリ第III州の州都コピアポ(Copiapo)から南東162km,アルゼンチンとの国境から15km。
鉱床付近の標高は4,200m~4,600m。

所在地

2. 経緯

2006年5月 パンパシフィック・カッパーが権益取得
2008年9月 フィージビリティ・スタディ(FS)へ移行
2010年2月 開発決定、三井物産が資本参加
2013年3月 SX-EW法による最初の電気銅を採取
2014年5月 銅精鉱の生産を開始

3. MLCC社への出資比率

パンパシフィック・カッパー 77.37% (JX日鉱日石金属66%、三井金属鉱業34%)
三井物産 22.63%

4. 生産期間

2013年~2040年(28年間)

5. 生産プロセス

生産プロセス

6. 生産量(見込み)

(当初10年間)

※下記表は横にスクロールしてご覧ください。

    年平均
銅精鉱(銅量) 約15万トン/年
電気銅 約3万トン/年
合 計 約18万トン/年
モリブデン 約3千トン/年

(28年間)

※下記表は横にスクロールしてご覧ください。

    年平均 28年間合計
銅精鉱(銅量) 約11万トン/年 約314万トン
電気銅 約1万トン/年 約41万トン
合 計 約12万トン/年 約355万トン
モリブデン 約3千トン/年 約8.7万トン

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information

お問い合わせ先

三井物産 広報部 岩永修平
TEL:03-3285-7596
FAX:03-3285-9819
お問い合わせフォーム
JX日鉱日石金属株式会社 広報・CSR部
TEL:03-5299-7082

三井金属鉱業株式会社 経営企画部 IR・広報室
TEL:03-5437-8028

パンパシフィック・カッパー株式会社 総務部
TEL:03-5299-7403