Main

米国におけるメタクリル酸メチルモノマー製造・販売に係る合弁事業に関する基本合意について

2014年6月16日


三井物産株式会社
三菱レイヨン株式会社


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)と三菱レイヨン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:越智仁、以下「三菱レイヨン」)は米国でメタクリル酸メチル(MMA)モノマー製造・販売事業(以下「本計画」)を行うための詳細検討を開始することで合意し、合弁会社設立に向け、このたび覚書を締結しました。合弁会社へは、三菱レイヨンが過半の出資を行う予定です。

また、三菱レイヨンと三井物産は、米国The Dow Chemical Company(本社:ミシガン州ミッドランド市、以下「ダウケミカル」)との間で、ダウケミカルから三井物産を経て両社が設立する合弁会社への一部原料の供給及び合弁会社からダウケミカルへの製品の一部販売の検討に関し、3社間で基本骨子の合意に達し、覚書を締結しました。

本計画は、三菱レイヨングループが持つ新しいMMAモノマー製造技術である「新エチレン法(アルファ法)」と、三井物産が有する海外企業とのネットワークを含む総合力を結集し、米国において、シェールガス・オイル革命を背景とした競争力の高いMMAモノマー事業を実現することを企図しています。合弁会社は、ダウケミカルが米国湾岸地区に展開するエチレン製造供給網からエチレンを取得し、また、製品の一部をダウケミカルに販売することを計画しております。本計画では、2018年末から年産25万トン規模のMMAモノマー生産設備の稼働を目標としています。

MMAモノマーは、自動車のランプカバー、看板、水族館の水槽、液晶ディスプレイ用バックライトの導光板、塗料、建材などに用いられるアクリル樹脂の原料で、世界需要は300万トンを超えており、今後も安定的な伸長が見込まれています。

米国MMAモノマー生産設備について

1. 生産能力 25万トン/年(予定)
2. 建設場所 米国(詳細な建設場所は未定)
3. 総投資額 未定

MMAモノマー、アクリル樹脂及び各種加工製品

MMAモノマー、アクリル樹脂及び各種加工製品

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information

お問い合わせ先

三井物産 広報部 喜田敬太郎
TEL:03-3285-7562
FAX:03-3285-9819
お問い合わせフォーム
株式会社三菱ケミカルホールディングス
広報・IR室 山本拓嗣
TEL:03-6748-7140