Main

ロシアで森林伐採権を保有する製材加工会社に出資

2013年8月5日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、ロシア連邦ブリヤート共和国で原木伐採及び木材製品加工を手掛けるZAO BAIKALSKAYA LESNAYA KOMPANIYA(以下「BLK社」)に出資参画することに合意し、2013年8月5日に関連諸契約を締結しました。三井物産は、BLK社の親会社であるOOO BAIL(以下「バイル社」)が保有する株式の一部を取得するとともに、BLK社が実施する第三者割当増資を引き受け、同社株式の40%を取得する予定です。

BLK社は、ブリヤート共和国内の5つの林区(合計約100万ヘクタール)において最長2059年までの森林伐採権を保有しています。2012年には最新鋭の製材加工機械を導入した加工工場の稼働を開始し、伐採権保有から製材・販売までの木材バリューチェーンを構築しています。また、BLK社は環境に配慮した持続可能な森林利用に取り組んでおり、世界的な森林認証制度であるFSC®(Forest Stewardship Council®)(*)認証を全ての林区で取得しています。(License Code: FSC-C115188, FSC-C115189)

ブリヤート共和国は、欧州とアジアにまたがるユーラシア大陸の中央に位置し、消費地である欧州、中東、アジアの各市場にアプローチできる地理的な優位性が高い地域です。また、中国との国境に近い立地を活かし、中国市場向けの販売にも注力する計画です。

三井物産は、1991年にロシアの製材事業会社T.M. Baikal Co., Ltd.に出資参画(当社14%出資)し、20年間に亘りシベリア産アカマツ製材を日本市場向けに輸入販売してきました。中国をはじめとする新興国での木材需要が拡大する中、同事業で培った経験・ノウハウを活かし、BLK社の高品質な木材製品を日本・中国・欧州・中東へ安定的に供給すると共に、ロシアでの製材事業を通じて、産業の高度化・グローバル化により同国の経済発展に貢献していきます。

BLK社概要

名称 ZAO BAIKALSKAYA LESNAYA KOMPANIYA
(バイカルスカヤ・レスナヤ・カンパニア)
代表者 Evgeny Pruidze CEO
エヴゲーニー・プルイゼ社長
所在地 ロシア連邦ブリヤート共和国
設立年 1999年
資本金(本取得前) 2億ルーブル(約6億円)
従業員数 約350名
資本構成(本取得後) バイル社60%、三井物産40%
事業内容 木材伐採業、製材業、木材製品販売業

バイル社概要

名称 OOO BAIL(バイル)
代表者 Gennadiy Pruidze CEO
ゲンナージー・プルイゼ社長
所在地 ロシア連邦ブリヤート共和国
設立年 1999年
事業内容 ブリヤート共和国内での木材事業・不動産事業等への投資

地図

地図

(*)FSC®(Forest Stewardship Council®、森林管理協議会)

1993年、環境団体や木材を扱う企業などが共同で発足させた、国際的な統一的森林認証制度を運営する非営利国際会員制組織。FSCは、環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理を推進することを目的とした森林認証制度を設置し、森林の管理や伐採が、環境や地域社会に配慮して行われているかどうかを信頼できるシステムに照らし合わせて、独立した第三者機関が評価し、認証している。このような森林から生産された木材や木材製品に、FSCのロゴマークをつけて市場に幅広く流通させ、消費者がこの環境配慮型の商品を購入することで、消費者も森林保全に間接的に関与するといった、森林管理者から、木材・木材製品の消費者に至るさまざまな関係者を一体化する仕組みを通じて、世界的・持続的な森林の保全と利用を推進している。(FSCジャパンホームページより一部抜粋)

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information