Main

豪州ケストレル炭鉱新規鉱区で生産開始

2013年7月12日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)と、英・豪大手鉱物資源会社のRio Tinto Limited(以下「リオ・ティント社」)が豪州クイーンズランド州で共同運営しているケストレル・ジョイント・ベンチャー(権益比率リオ・ティント社80%、三井物産20%)は、ケストレル炭鉱の既存鉱区に隣接し、かねてから開発を進めてきた新規鉱区での生産を開始しました。

ケストレル炭鉱は1992年に操業を開始し、現在は高品位原料炭を年間約400万トン生産しています。新規鉱区からの生産開始により炭鉱全体の生産量は今後の操業期間約20年間に亘り平均で年間約570万トンとなる見込みです。

三井物産は石炭事業を資源・エネルギーにおける重点事業と位置づけ、引続き持分権益生産量の拡大に取り組むことで、世界的な石炭需要増加に対応し、需要家へ安定供給することに貢献します。

鉱区位置図

鉱区位置図

写真1(新鉱区より生産された原料炭)

写真1(新鉱区より生産された原料炭)

写真2(新鉱区の掘削設備)

写真2(新鉱区の掘削設備)

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information