Main

タイ製糖会社コンブリ社への資本参画

2012年12月18日


三井物産株式会社
三井製糖株式会社


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)と三井製糖株式会社(本社:東京都中央区、社長:飯田雅明、以下「三井製糖」)は、タイで製糖・発電事業を営むKhonburi Sugar Public Company Limited(以下「コンブリ社」)が実施する第三者割当増資の引受け及び新株発行予約権の取得に合意し、関連契約(以下「本契約」)を締結しました。本契約により三井物産は7億7,000万タイバーツ(約19億9,000万円)、三井製糖は3億8,000万タイバーツ(約10億円)を出資し、コンブリ社株式の11.1%、5.6%をそれぞれ保有する予定です(註1)。

コンブリ社はタイ東北部ナコンラチャシマ県に製造拠点を置き、サトウキビ250~300万トンから年間25~30万トンの砂糖を製造し、高品質の砂糖製品をタイ国内の大手食品・飲料メーカー等に供給すると同時に、近隣諸国を中心に輸出しています。また、サトウキビの搾り滓(バガス)を燃料として発電を行い自社工場で必要なエネルギーを得ると共に、余剰電力を電力公社に販売し、地域のエネルギー自給にも貢献しています。

本契約締結と同時に、三井物産、三井製糖、コンブリ社の3社は戦略提携契約を締結しました。三井物産と三井製糖はタイの有力製糖会社The Kumphawapi Sugar Co., Ltd.(クムパワピー社)とKaset Phol Sugar Ltd.(カセットポン社)の主要株主として、これまで約50年にわたりタイでの製糖事業に関わってきました。同事業を通じて培った経験とノウハウを活かし、三井製糖の技術を用いた高品質な精製糖の製造や、三井物産のネットワークによる販売協力などを通じてコンブリ社の成長に貢献し、規模の拡大と強い製糖企業グループの形成を目指します。

世界の砂糖需要は、新興国の経済成長と人口増加による拡大が見込まれる一方、輸出余力のある国はブラジル、タイ、豪州等に限定されています。その中でもタイは世界第2位の砂糖輸出国であり、大消費地アジアの中にあるという地理的優位性もあり、砂糖のグローバルトレードの最重要拠点として今後の高成長が期待されています。今回の出資・戦略提携により、三井物産と三井製糖は、砂糖事業海外展開のさらなる強化を図っていきます。

註1:「新株発行予約権が行使された場合」

コンブリ社 概要

名称 Khonburi Sugar Public Company Limited タイ証券取引所に上場
(コンブリ シュガー パブリック カンパニー リミテッド)
所在国(登記上) タイ バンコク市
設立年 1965年
代表者 Chairman/Mr.Suthep Wongvorazathe
(ステープ ウォンヴォーラッセ会長)
Managing Director/Mr. Takon Tawintermsup
(タコン タウィンタームサップ社長)
出資構成
(三井物産及び三井製糖出資後)
創業者一族52.2%、三井物産11.1%、三井製糖5.6%、他(註1)
事業内容 砂糖の製造、販売

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information

お問い合わせ先

三井物産 広報部 小林佳代
TEL:03-3285-7618
FAX:03-3285-9819
お問い合わせフォーム
三井製糖株式会社 業務本部 経営企画部
TEL:03-3663-3111(代表番号)