Main

宮城県東松島市で復興支援の太陽光発電事業

2012年12月4日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、宮城県東松島市と公有財産賃貸借契約ならびに災害時に係わる覚書を締結し、被災地に大規模太陽光発電所(以下「メガソーラー」)を建設するとともに、防災拠点となる公共施設にカーポート屋根置き型太陽光発電設備(以下「カーポート型」)を設置します。

今回の太陽光発電事業は、企業活動を通じて東日本大震災により甚大な被害を受けた宮城県東松島市の復興を支援するものです。東松島市は、浸水により居住が困難となった野蒜地区沿岸部を中心にした「MATSUSHIMA自然エネルギーパーク」構想や、公共避難所における自立避難生活機能向上を掲げており、三井物産の太陽光発電事業は同構想の実現に向けた先駆けとなる案件です。

三井物産が建設するメガソーラーはモジュール設置容量3,581kWの規模で、東日本大震災で被災した宮城県東松島市の沿岸部の土地(47,000m2)に設置します。また、同市防災拠点となる公共施設3箇所の駐車場スペースには、災害時の非常用電源にも使用可能なモジュール設備容量270kWのカーポート型を設置します。メガソーラーは2013年1月中の着工予定で、2013年10月中の運転開始を予定しており、カーポート型は2013年1月中の着工予定で、2013年3月中の運転開始を目指します。

東松島市復興支援事業の概要

事業名称 東松島市復興支援事業
(奥松島「絆」ソーラーパークおよび東松島「絆」カーポート)
事業形態 三井物産100%保有
モジュール設置容量 合計3,851kW
メガソーラー:3,581kW京セラ製
カーポート型:3箇所計270kWパナソニック製
設置場所 メガソーラー:東松島市野蒜地区の奥松島公園跡地
カーポート型:東松島市中心部の公共施設3箇所の駐車場スペース
総投資額 約12.4億円
工期 メガソーラー:着工 2013年1月 運転開始予定 2013年10月
カーポート型:着工 2013年1月 運転開始予定 2013年3月
事業期間 運転開始から20年間
EPC業者 株式会社ユアテック(東北電力46.7%出資)

完成予想図

完成予想図

完成予想図

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information