Main

タガニート・ニッケルプロジェクトの投資額見直しについて

2012年11月20日


三井物産株式会社
住友金属鉱山株式会社


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区 社長:飯島彰己 以下「三井物産」)と住友金属鉱山株式会社(本社:東京都港区、社長:家守伸正 以下「住友金属鉱山」)は、出資先であるTaganito HPAL Nickel Corporation(本社:フィリピン共和国マカティ市、社長:藤村隆則 以下「THPAL」)がフィリピン共和国において推進しているタガニート・ニッケルプロジェクト(以下「本プロジェクト」。プロジェクトの概要については添付資料参照)の投資額について見直しを行った結果、当初予定の1,300百万米ドルから約1,590百万米ドルに増加する見込みとなりました。

本プロジェクトにつきましては、2011年10月にプラント建設現場が武装勢力の襲撃を受け、建設中の設備が破損するなどの被害を受けました。このため、被害設備の補修を行ったほか、従業員、建設作業者等プロジェクト関係者の安全を確保するための諸対策を実施しました。これらに要する費用に加えて、資材物価の上昇の影響、建設工事内容の詳細仕様の変更などにより、投資額は150百万米ドル増加いたします。さらに、2009年9月本プロジェクト開始後、急速に進展したドル安の影響によって、米ドル建て以外で決済される建設費について為替差が増加しており、この為替による影響額約140百万ドルを加えると、投資額は約1,590百万米ドルとなる見込みです。

なお、襲撃後安全確認のため工事を一時中断したことから工期に若干の影響を受けましたが、その後工事は順調に進捗しており、本プロジェクトの立ち上げ時期は2013年秋を予定しています。

1. ロケーション

フィリピン共和国ミンダナオ島北部タガニート地区

2. 生産品および生産量

HPAL(高圧硫酸浸出法)により、低品位酸化鉱から、ニッケル製錬の中間製品であるニッケル・コバルト混合硫化物(Nickel/Cobalt Mixed Sulfide=MS)を年間約5万トン(ニッケル量で30,000トン、コバルト量で約2,600トン)、30年間にわたり生産する。

3. 原料

タガニート鉱山および周辺鉱山の低品位ニッケル酸化鉱(Limonite)を原料とする。

4. 生産品の用途

生産されるMSは全量住友金属鉱山が購入し、住友金属鉱山のニッケル工場(愛媛県新居浜市)において、電気ニッケルおよびコバルト生産の原料として使用する。

5. プロジェクトのスケジュール

2009年9月 住友金属鉱山がプロジェクトの実施を決定。Nickel Asia Corporation(以下、「NAC」という。)と共同推進を基本合意。
2010年3月 建設工事開始
2010年9月 住友金属鉱山、NAC、三井物産間にて、プロジェクト株主間契約締結
2013年秋 商業生産開始(予定)

6. Taganito HPAL Nickel Corporation(THPAL)概要

本社所在地 フィリピン共和国マカティ市
代表者 社長 藤村隆則
設立 2008年
資本金 4,095百万フィリピンペソ
出資比率 住友金属鉱山:62.5%、NAC:22.5%、三井物産:15.0%
事業内容 タガニート・ニッケルプロジェクトの推進

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information

お問い合わせ先

三井物産株式会社
広報部 岡本典子
TEL:03-3285-6645
FAX:03-3285-9819
お問い合わせフォーム
住友金属鉱山株式会社
広報IR部 高橋雅史
TEL:03-3436-7705
FAX:03-3434-2215