Main

ゴロ・ニッケルプロジェクトへの出資比率変更について

2012年10月25日


三井物産株式会社
住友金属鉱山株式会社


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区 社長:飯島 彰己 以下「三井物産」)と住友金属鉱山株式会社(本社:東京都港区 社長:家守 伸正 以下「住友金属鉱山」)は、カナダのニッケル生産大手であるヴァーレカナダ社(Vale Canada Limited、本社トロント)とニューカレドニアにおいて共同で推進しているゴロ・ニッケルプロジェクト(Goro Nickel Cobalt Project、以下「ゴロ・プロジェクト」)において、設備トラブル等に伴う工事費用に関し、現時点での追加出資による負担を行わないこととしました。これにより、ゴロ・プロジェクトの運営主体であるヴァーレニューカレドニア社(Vale Nouvelle Calédonie S.A.S)に対する両社合計の出資比率は21%から14.5%に低下いたします。

ゴロ・プロジェクトは試運転段階での設備トラブルもあり、当初想定していた本格的な生産開始が遅延していましたが、このたび補修工事が完了し2012年末には本格的に生産を開始する運びとなっています。一方で、試運転段階の設備トラブルに伴う補修・改良工事の費用が多額に及んだことから、三井物産および住友金属鉱山は、その負担についてヴァーレカナダ社と協議の結果、本設備トラブルにより発生した総事業費46億米ドルを超える費用負担のための追加出資については行わないことで、ヴァーレカナダ社と合意いたしました。なお、合意内容には、ゴロ・プロジェクトの今後の操業状況次第で、両社がヴァーレニューカレドニア社への合計出資比率を再び21%に引上げるオプションも含まれています。
三井物産および住友金属鉱山は、ゴロ・プロジェクトへの出資を目的として、オランダにスミックニッケルネザーランド社(Sumic Nickel Netherlands b.v.、以下「スミック」)を設立しておりますが、今回の合意により、ゴロ・プロジェクトの運営主体であるヴァーレニューカレドニア社に対するスミックの出資比率は14.5%となります。
なお、これに伴い三井物産はスミックを通じ持分法を適用していたヴァーレニューカレドニア社を連結対象外とする予定です。また、住友金属鉱山はヴァーレニューカレドニア社を持分法適用会社から除外する予定です。
また、三井物産および住友金属鉱山にはそれぞれ出資比率の低下による損益が2012年度第3四半期以降に発生しますが、各連結業績に与える影響については現在精査中です。

本プロジェクトは「※HPAL法」を用いた、世界最大級のニッケル開発プロジェクトであり、開発対象のニッケル資源量についても世界最大規模のものが期待されることから、今回の合意にかかわらず、三井物産および住友金属鉱山は今後も本プロジェクトを推進してまいります。

※ HPAL法=高圧酸浸出法(High Pressure Acid Leaching)

(参考)

1.ヴァーレニューカレドニア社の概要(2012年9月30日現在)

1)商号 Vale Nouvelle Calédonie S.A.S(フランス法人、本社 パリ)
2)代表者 Ricardo Carvalho
3)事業内容 酸化ニッケル製造
4)株主 Vale Canada Limited(74%)、Sumic Nickel Netherlands b.v.*(21%)、SPMSC**(5%)

*Sumicは2005年4月8日にヴァーレニューカレドニア株式を取得。
**SPMSC : Société de Participation Minière du Sud Calédonienの略。ニューカレドニア南部州(50%)、北部州(25%)、島嶼州(25%)により設立された合弁会社。

2.スミックニッケルネザーランド社の概要(2012年9月30日現在)

1)商号 Sumic Nickel Netherlands b. v.(オランダ法人、本社 アムステルダム)
2)代表者 土田直行
3)事業内容 ニッケル、コバルト開発事業への投資ならびに製品販売
4)株主 住友金属鉱山株式会社 52.38%、三井物産株式会社 47.62%

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information

お問い合わせ先

三井物産 IR部
TEL:03-3285-7910
FAX:03-3285-9821
お問い合わせフォーム
三井物産 広報部 岡本典子
TEL:03-3285-6645
FAX:03-3285-9819
お問い合わせフォーム
住友金属鉱山株式会社 広報IR部 高橋雅史
TEL:03-3436-7705
FAX:03-3434-2215