Main

英国BP社保有の北海油田・ガス田権益取得

2012年6月26日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、英国エネルギー大手のBPピーエルシー社(以下「BP社」)から英国領北海域のアルバ油田及びブリタニアガス・コンデンセート田権益の一部を取得することで同社と合意しました。2012年6月22日に権益売買契約書を締結し、今後、英国政府関係機関と既存パートナーの承認を以って権益譲渡が完了します。三井物産として英国領北海域における初の生産鉱区権益取得となり、巨大な欧州市場に隣接する同域に本格的に参入することとなります。

アルバ油田及びブリタニアガス・コンデンセート田はスコットランド・アバディーン市から北東約200kmの沖合に位置する英国領北海域にあり、それぞれ1994年と1998年の生産開始以来、今日まで安定的かつ安全に操業を行っている鉱区です。両鉱区共に技術面・財務面で優れたオペレーター及びパートナーと共同操業を行い、安定的な収益貢献が見込まれます。三井物産はオペレーターと連携しながら両鉱区の価値最大化を図ると共に、今後、同域でのエネルギー事業を更に拡大していく方針です。

三井物産は、エネルギー事業を重点分野の一つと位置付け、引続き原油・天然ガスの優良資産の取得に取り組み、良質でバランスの取れた事業ポートフォリオを構築すると共に、エネルギーの安定供給に貢献することを目指しています。

権益売買契約書の内容

買主 三井物産英国100%子会社 ミツイ・イーアンドピー・ユーケイ社
売主 BP社英国100%子会社 アルコ・ブリティッシュ社
取得対象資産 アルバ油田権益13.30%
ブリタニアガス・コンデンセート田権益8.97%
取得対価 約2.8億米ドル(註) (約224億円)

(註)取得対価2.8億米ドルの内、約60%は英国税法上、原則取得した年度において一括償却が可能。

プロジェクト概要

鉱区 アルバ油田 ブリタニアガス・コンデンセート田
オペレーター 米国シェブロン社(23.43%) 米国シェブロン社(32.38%)
米国コノコ・フィリップス社(58.65%)
油・ガス田位置 スコットランド・アバディーン市から北東約200kmの沖合
日量生産量 原油2万7000バレル 原油換算3万9000バレル
水深 140m 146m

鉱区位置図

鉱区位置図

BP社概要

正式名称 BP p.l.c.
所在地 英国ロンドン市
設立年 1908年
上場証券取引所 ロンドン証券取引所、ニューヨーク証券取引所
事業内容 石油ガス開発・生産・精製・販売事業
連結従業員数* 8万3400名
連結総資産* 約1114.7億米ドル (約8兆9176億円)
日量生産量* 約235.2万バレル

*2011年12月期

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information