Main

豪ブラウズLNGプロジェクトに参画

2012年5月1日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、三菱商事株式会社と折半出資する豪ジャパン・オーストラリアLNG(MIMI)社(以下「MIMI社」)を通じて、豪ウッドサイド・ペトロリアム社(以下「ウッドサイド社」)が推進するブラウズLNGプロジェクト(以下「本プロジェクト」)に参画します。
MIMI社が新規に設立した子会社ジャパン・オーストラリアLNG(MIMIブラウズ)社(以下「MIMIブラウズ社」)と、ウッドサイド社の子会社ウッドサイド・ブラウズ社が2012年4月30日に権益売買契約を締結しました。豪政府の承認及び既存パートナーによる先買権放棄を含む契約上の先行要件の充足を経て、2013年3月期第2四半期中に権益取得を完了する見込みです。

本プロジェクトは、豪西オーストラリア州沖合のブラウズガス・コンデンセート田で生産する天然ガス・コンデンセートを同州キンバリー地区に輸送し、精製・液化・出荷を行う大規模な開発計画で、ウッドサイド社の子会社がオペレーターを務めています。現在、2013年6月末までの最終投資決断を目指し、2012年初めに終了した基本設計の評価作業および設計・調達・建設業者の選定に向けた作業を行っております。

MIMIブラウズ社とウッドサイド・ブラウズ社は今後共同で、両社が本プロジェクトから引き取る一定量のLNGに関し日本を含むLNG顧客向けの販売活動を進めること、またウッドサイド・ブラウズ社の本プロジェクトの開発資金調達をサポートすることで合意しています。

三井物産は本プロジェクトに参画することにより、既存のノースウエスト・シェルフLNGプロジェクトで培った知見を活用し、豪LNG事業を更に発展させることで日本および東アジア地域への一層のエネルギー安定供給に貢献していきます。

尚、本件による当社の2013年3月期連結業績への影響は軽微と見込まれます。

権益売買契約の内容

買主 MIMIブラウズ社
売主 ウッドサイド・ブラウズ社
取得対象資産 ウッドサイド・ブラウズ社が保有するプロジェクト権益
(1)イースト・ブラウズ・ジョイントベンチャー:ウッドサイド・ブラウズ社が保有する50%権益より16%
(2)ウエスト・ブラウズ・ジョイントベンチャー:ウッドサイド・ブラウズ社が保有する25%権益より8%

※現在、両鉱区の統合交渉中なるも、統合後のガス田保有権益比率は15%程度となる見込み。液化プロジェクトの権益比率は、同統合交渉後のガス田保有権益比率に準ずる。

取得対価 20億米ドル(MIMIブラウズ社としての取得対価)(約1,600億円)
オペレーター ウッドサイド・エナジー社(ウッドサイド社の子会社でありウッドサイド・ブラウズ社の親会社)

プロジェクト概要

プロジェクトパートナー 豪ウッドサイド・ブラウズ社、豪BHP Billiton Petroleum(North West Shelf) Pty Ltd、豪BP Developments Australia Pty Ltd、豪Chevron Australia Pty Ltd、豪Shell Development(Australia) Proprietary Limited

※各パートナーの最終的な権益比率は未定。

ガス・コンデンセート田位置 西オーストラリア州ブルーム市沖合425km 北西大陸棚ブラウズ地域
陸上プラントサイト予定地 西オーストラリア州キンバリー地区(ジェームス・プライス・ポイント)
年間LNG生産量 1,200万トン(400万トン×3系列)

※将来的には2,500万トンまで拡張可

埋蔵量(ウッドサイド・エナジー社見積もり) ガス:15.5兆立方フィート、コンデンセート:4億1,700万バレル
最終投資決断 2013年上半期予定

地図

地図

MIMIブラウズ社概要

正式名称 Japan Australia LNG(MIMI Browse) Pty Ltd
所在地 豪西オーストラリア州パース市
設立年月日 2012年4月20日
出資構成 Japan Australia LNG(MIMI) Pty Ltd 100%

ウッドサイド社概要

正式名称 Woodside Petroleum Ltd
所在地 豪西オーストラリア州パース市
上場証券取引所 豪州証券取引所
従業員数* 3,856人
事業内容 石油ガス開発・生産事業
連結総資産* 約227億米ドル
日量生産量* 約17.7万バレル

* 2011年12月期

投資ストラクチャー

投資ストラクチャー

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information