Main

英国で石油・ガスや再生エネルギーの海洋構造物ファブリケーション、修繕、技術支援事業に参画

2012年4月16日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰巳、以下「三井物産」)は欧州三井物産を通じて、英国スコットランドのグローバル・エナジー・ホールディングス社(以下「グローバル社」)と、石油・ガスを中心としたエネルギー資源開発関連向け溶接構造物のファブリケーション(組立・鋼材加工)、検査・修繕、技術支援等の各種サービス事業に進出します。三井物産は、グローバル社創業家のマクレガー一族と合弁会社(以下「GEG社」)を設立、25%出資することに合意し、3月30日に契約を締結しました。GEG社は、エネルギー資源開発関連向け以外の事業・会社を分離したグローバル社を保有する持ち株会社となります。

グローバル社は2005年に設立され、大手石油会社やエンジニアリング会社向けの石油・ガス掘削・生産設備など溶接構造物の組立・鋼材加工やその修繕を行うハード力と、検査・技術支援などのサービスを提供するソフト力を兼ね備えたビジネスモデルで急成長しています。昨年11月には、英国インヴァネスにある欧州最大級のドライドック(船舶・海洋構造物の建造・修繕を行う設備)を持ち、広大な敷地と工場建屋面積を誇るニグ・ヤードを買収しました。これにより、従来の石油・ガス業界向けには、より大規模な構造物の組立や修繕が可能となるほか、今後欧州で一大産業として期待される再生可能エネルギー分野へも参画する予定です。
北海の石油・ガス開発や生産活動は、現在高止まりしている原油価格を背景に高レベルで推移しており、同海域での石油・ガスの掘削や生産設備の検査・修繕需要は今後安定的な伸長が見込まれます。また、欧州での脱炭素化の流れの中で、英国では合計約47GWに及ぶ洋上風力発電所建設計画があり、こちらも新たな一大産業として注目されています。

三井物産は、欧州においてもエネルギー鋼材の販売を積極的に進めており、グローバル社の持つ溶接構造物組立・鋼材加工、検査・修繕、技術支援等の機能を併せ持つことにより、エネルギー産業向けに更に幅広い付加価値サービスを提供すると共に、再生可能エネルギー分野においても同様の溶接構造物組立・鋼材加工、技術支援事業への参画を目指します。

会社概要

GEG社概要

正式名称 GEG(Holdings)Limited
本社所在地 英国 スコットランド
代表者 Roderick MacGregor
株主 三井物産 25%、MacGregor家 75%

グローバル社概要(当社出資後)

正式名称 Global Energy(Holdings)Limited
本社所在地 英国 スコットランド
代表者 Roderick MacGregor
株主 GEG(Holdings)Limited

GEG社グループ概要

売上高 約1億7千万ポンド(2011年3月期)(約221億円)
事業内容 石油・ガスの掘削・生産設備等の溶接構造物組立、鋼材加工、修繕、検査、技術支援サービス
従業員数 約600名(グループ全体の正規雇用者数)

スキーム図

スキーム図

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手可能な情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information