Main

三井物産環境基金2011年度復興助成(第4回)・一般助成案件の決定

2012年3月26日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下三井物産)は、三井物産環境基金2011年度東日本大震災復興助成(第4回)および一般助成を決定しました。

今回は、復興助成で80件(活動助成43件、研究助成37件)、従来の環境活動・研究を対象にした一般助成で199件(活動助成79件、研究助成120件)の応募があり、有識者や当社役職員による厳正な審査を行った結果、復興助成で10件・約8600万円(活動助成6件・約4500万円、研究助成4件・約4100万円)、一般助成で21件・約1億8700万円(活動助成9件・約6500万円、研究助成12件・約1億2200万円)の案件が決定しました。

本基金の2011年度の応募総数は910件(復興助成711件、一般助成199件)となり、助成が決定した案件は98件・約11億3100万円(復興助成77件・約9億4300万円 一般助成21件、約1億8700万円)となりました。

本基金の復興助成を通じ、コミュニティ復興や仮設住宅支援をはじめ、漁業・農業復興、放射線・環境汚染対策、さらには生態系調査や医療・健康に関わる取り組みなど、震災直後の緊急支援から中長期的な取り組みまで幅広く支援して参りましたが、2012年度も復興助成および一般助成を継続して行います。詳細につきましては、三井物産ホームページでご案内申し上げます。

本基金が助成先の皆様と被災地の方々の一助となり、被災地が1日も早く復興することを心よりお祈り申し上げます。

添付:
2011年度 東日本大震災復興助成(第4回)・一般助成

活動助成

研究助成

活動助成・研究助成 合計

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手可能な情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information

お問い合わせ先

メディアからの問い合わせ先
三井物産 広報部 瀬良裕一郎
TEL:03-3285-7562
FAX:03-3285-9819
お問い合わせフォーム
一般からの問い合わせ先
三井物産環境基金事務局
活動助成 TEL:03-6705-6156
研究助成 TEL:03-6705-6153
お問い合わせフォーム