Main

中国でハイフラックス社と新規水事業に参画

2011年12月28日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、大手水事業会社のハイフラックス社との折半出資により設立した共同事業会社であるギャラクシーニュースプリング社(以下「ギャラクシー社」)を通じ、成長著しい中国の水インフラ需要の増加に伴い、中国に於いて新たに2件の水事業に参画します。

ギャラクシー社が参画する水事業は、大都市圏に次ぐ成長地域で産業化・都市化が著しい重慶市での下水処理事業、及び山東省での上水供給事業で、いずれも地域社会や環境保全に大きく寄与する事業となり、すでに後続案件や拡張工事が計画されております。ギャラクシー社の投資額は約60億円、既存資産も含めたギャラクシー社の総投資額は約350億円となり、拡張計画も含めた中国に於ける総水処理量は100万m3/日を超える計画となります。尚、ギャラクシー社は、中国国内で現地運営管理体制を整備するなどして既に22ヶ所の水事業資産を運営中であり、今回新たに参画する2ヶ所の水事業資産と併せて運営する方針です。

新規事業参画の資産概要

※下記表は横にスクロールしてご覧ください。

所在地 プラント名 種類 処理容量 事業期間 備考
重慶市 合川 下水処理 2万m3/日 30年間  
山東省 夏津 上水処理 5万m3/日 32年間 第二期拡張計画あり*

*第二期拡張計画は5万m3/日を計画しており、合計10万m3/日の処理量となります。

中国は、近年の経済発展に伴う水源汚染や水資源不足への懸念が高まっており、水インフラ整備が中国政府の最重点政策分野に掲げられるなど、引き続き高い需要が見込まれています。当社は、ギャラクシー社を通じ、今後も成長著しい中国の水インフラ需要を取り込み、主体的な水事業開発者として世界の水問題の解決に貢献していきます。

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手可能な情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information