Main

当社関連会社インテグレイテッド・ヘルスケア・ホールディングス社によるトルコ病院グループへの出資参画

2011年12月26日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、子会社のエムビーケー・ヘルスケア・パートナーズ社(以下「MBKHP社」)を通じて30%出資しているインテグレイテッド・ヘルスケア・ホールディングス社(以下「IHH社」)が、トルコの民間病院グループの持株会社(以下「アジバデム社」)の株式の60%を取得することに同意しました。IHH社は、アジバデム社株式の60%を現金及びIHH社が発行する新株の交付により取得します。本新株発行により、MBKHP社のIHH社株式保有比率は30%から26.6%に減少する予定です。

アジバデム社は、トルコ国内において14病院(約1,800床)及び8診療所を運営する同国最大規模の民間病院グループです。病院事業に加え、今後、病院給食や病院の設計・デザイン等のヘルスケア関連事業も展開していきます。

三井物産は、2011年5月にMBKHP社を通じてIHH社に出資参画し、医療需要の拡大が見込まれるアジアにおいて、病院ネットワーク事業及び病院周辺サービス事業の拡充、新規事業開発に取り組んでいます。今後、三井物産は、IHH社を中核として、シンガポール、マレーシアに加え、成長が見込まれる中国等アジアでの事業拡大を進めるとともに、人口増加や高齢化、経済発展、生活習慣の変化により医療需要拡大が見込まれるトルコでのヘルスケア関連事業への取り組みを通じて、中東地域での事業基盤拡充を目指します。

尚、本件による三井物産の2012年3月期連結業績への影響は軽微と見込まれます。

1. アジバデム社の株主構成の推移

  実行前 実行後
アイドゥンラー家(創業者一族) 50% 25%
アブラージ・キャピタル社(SPC経由) 50% -
IHH社(SPC経由) - 60%
カザナ・ナショナル社(SPC経由) - 15%
合計 100% 100%

2. IHH社の株主構成の推移

  実行前 実行後(予定)
MBKHP社(三井物産子会社) 30% 26.6%
その他株主 70% 73.4%
合計 100% 100%

3. 各社概要

(1)MBKHP社(三井物産子会社)

名称 MBK Healthcare Partners Limited
所在地 イギリス
事業内容 IHH社への投資
株主構成 三井物産 100%

(2)IHH社

名称 Integrated Healthcare Holdings Sdn. Bhd
所在地 マレーシア
事業内容 アジア各国での病院経営、運営受託、及び医科系教育機関経営、臨床試験受託事業等のヘルスケア関連事業
株主構成 上記2を参照

(3)アジバデム社

名称 Acibadem Saglik Yatirimlari Holding
所在地 トルコ
事業内容 アジバデム社は、主要子会社である(1)に加え、本取引後、(2)(3)を完全子会社とします。
(1)アジバデム・オプコ Acibadem Saglik Hizmetleri ve Ticaret A.S.
上場。在トルコ。病院事業、臨床検査、ドクターヘリ、遠隔医療等。
時価総額:23.9億トルコリラ(約990億円)(2011年12月21日現在)
(2)エイプラス APlus Hastane Otelcilik Hizmetleri A.S.
非上場。在トルコ。病院給食、ファシリティマネジメント等。
(3)プロジェ Acibadem Proje Yonetimi A.S.
非上場。在トルコ。病院の設計・デザイン等。
株主構成 上記1を参照

(4)カザナ・ナショナル社

名称 Khazanah National Bhd
所在地 マレーシア
事業内容 新規市場・新産業への戦略的投資を目的としたマレーシアの国策投資会社
株主構成 マレーシア財務省 100%
(The Malaysian Federal Lands Commissionerが1株所有)

(5)アブラージ・キャピタル社

名称 Abraaj Capital
所在地 UAE
事業内容 新興市場への投資を目的としたプライベート・エクイティ・ファンド

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手可能な情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information