Main

米国テキサス州のシェールオイル/ガス開発生産プロジェクトの契約発効について

2011年12月6日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、米国子会社ミツイ・イー・アンド・ピー・テキサス・エルピーを通じて米国エスエム・エナジー・カンパニーと締結した、米国テキサス州のイーグルフォード・シェール・エリアでのシェールオイル/ガス開発・生産プロジェクトの12.5%権益に関する契約について、このたび、契約上の先行要件を充足し、契約を発効しました。

シェールオイル/ガス田の存在は広く世界で確認されていますが、三井物産は既に米国ペンシルベニア州とポーランドで同事業に参画しており、これまで蓄積してきた豊富なシェールガス開発の知見およびネットワークを利用して、更なるシェール事業拡大を目指していきます。

尚、本件による当社の今期連結業績への影響は軽微です。

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手可能な情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information