Main

インドでオンライン決済事業に参画

2011年11月15日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、インドで各種公共料金などの決済手段として利用されているオンライン決済事業への参入を目的に、本年10月20日にインドのスビダ・インフォサーブ社(以下「スビダ社」)と増資引受に関する契約を締結し、1,200万米ドルを出資しました。

スビダ社は、インターネット経由で携帯電話、電気、ガス、保険、Eコマースなどの代金回収を代行する事業を手掛けており、現金回収ポイントとなる小型小売店はインド国内で現在4万5000店舗あり、これを2年後には10万店舗へ増やしサービスを拡充させていく予定です。

インドは銀行口座保有率が30%未満で、クレジットカード保有率も3%未満と銀行サービスが普及しておらず、銀行決済や窓口支払いに比べ利便性が高い決済手段のニーズが高まっています。そこで、一般消費者階層への新たな決済手段の提供という社会的に意義のあるオンライン決済事業を、世銀グループ(スビダ社の主要株主の1社)などと手掛けることにしたもので、今回の事業参画は先進のインターネット技術の導入などを通じ、収納代行事業から国内送金事業、E-Walletやモバイルペイメント等への拡張を視野に入れています。

三井物産は、中期経営計画の重点施策として、グローバル展開の加速と戦略的布陣に取り組んでおり、重点地域としてBRICS、インドネシア及びメキシコを掲げております。今回の事業参画により、インドに於ける消費者向け決済手段の提供を通じ、同事業を核とした電子商取引等の消費者向けサービス分野に於ける価値創造を目指します。

スビダ社概要

携帯電話料金の支払いを始め、公共料金、電子商取引等の幅広い消費者向けサービスの決済手段を提供。事業者(携帯電話キャリアやコマース物販事業者等)向けに、主として料金回収代行を行う。インドにおける登録ユーザーは2011年9月末現在、約700万人。

社名 スビダ インフォサーブ プライベイト リミテッド
設立年 2007年
代表者 パレッシュ ラージ Founder & Managing Director
所在地 インド・ムンバイ
主要株主 創業者、Norwest Venture Partners、Reliance Capital Limited、世銀International Finance Corporation(IFC)

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手可能な情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information