Main

愛知県田原市における太陽光・風力発電事業の実施
- 国内最大規模のメガソーラー建設 -

2011年10月21日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は中部電力の協力の下、再生可能エネルギーに関する知見・実績を有する5社と共同で、愛知県田原市において国内最大規模の太陽光・風力発電所の事業化を検討することで基本合意しました。

1. 事業計画の概要(予定)

事業名称 たはらソーラー・ウインド共同事業
参加企業 三井物産株式会社、三井化学株式会社、東亞合成株式会社、株式会社東芝、東レ株式会社、三井造船株式会社
尚、中部電力株式会社又は同社グループ会社が参加を検討中
発電能力 太陽光50MW、風力6MW
(発電した電力は、再生可能エネルギー推進特別措置法に基づき、全量を中部電力へ販売)
設置場所 愛知県田原市緑が浜(三井化学所有地約82万m2、東京ドーム約17個分)
総投資額 約180億円
工期 着工 2012年6月 完工 2013年9月
事業期間 18年間

* 上記特別措置法に基づく買取価格、買取期間等の条件(2012年前半に決定の予定)により、計画の見直しを行う可能性があります。

2. 本事業の意義と当社の目的

本事業は、中部電力の協力の下で、太陽光・風力発電に関する技術、製品、事業運営等に知見・実績を有する6社が共同して、国内最大規模の太陽光発電事業(メガソーラー)及び風力発電事業を行うというものです。今後、日本では再生可能エネルギーの推進に向け、数多くのメガソーラー、風力発電の事業展開が想定されますが、発電システムや系統連系等について、更なる技術開発やコスト引下げ努力が必要とされています。
三井物産は国内外で太陽光発電事業に取り組んでおり、本事業を長期間運営することにより様々なノウハウや課題を蓄積しています。こうした情報を提供して参加各社で共有すると共に、各社の知見を活かし協力して課題解決に取り組むことにより、再生可能エネルギーの推進に寄与していく所存です。

3. 恵まれた立地条件及び関係者の協力

建設予定地は、日照時間・平均風速ともに国内最高水準であり、太陽光・風力ともに高効率な発電が期待できる非常に恵まれた立地環境といえます。
また、本プロジェクトは、愛知県、田原市の推進する新エネルギー推進施策にも合致し、県・市当局からも全面的な支援をいただいております。今後も、県・市当局や地域社会と協力し、新エネルギー推進に貢献していきたいと考えています。
なお、必要な資金は株式会社日本政策投資銀行から融資を受ける予定です。

4. 環境への貢献

今回の発電事業により、環境への貢献は下記の通り想定しております。

  • 発電量:約67,500MWh/年(田原市総世帯の約9割に当る約19,000世帯の使用電力量に相当)
  • 二酸化炭素削減量:約32,000t-CO2/年

5. 位置図

位置図

6. 完成予想図

完成予想図

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手可能な情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information