Main

米GEキャピタルと戦略的事業提携
第一弾として米国買収ファイナンス事業に参画

2011年7月27日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下:三井物産)は、米国ゼネラル・エレクトリック社の金融事業部門であるGEキャピタル(本社:米国コネチカット州、会長兼CEO:マイケル・A・ニール)との戦略的事業提携をスタートさせます。三井物産は、2010年11月にGEキャピタルと提携関係に関する覚書を締結しており、これに基づきGEキャピタルによる米国投融資事業への参画を目指すと共に、両社によるグローバルな共同事業機会についても発掘していく方針です。これには、販売金融分野や再生可能エネルギー分野等、両社の強みを生かした幅広い事業領域が含まれます。

今回の戦略的事業提携の第一弾として、三井物産は、このたび投資ファンド等が行う米国企業買収案件においてGEキャピタルと共同で買収資金の一部を融資する「買収ファイナンス事業」(注)に参画することをGEキャピタルと合意しました。本合意により三井物産は、今後1年間で200百万米ドルを投じ20社程度の融資ポートフォリオを構築する予定で、その後も順次事業拡大を目指します。

また三井物産は、本事業を皮切りに、GEキャピタルと連携して、本邦機関投資家向けの資金運用プログラムを組成していく方針です。この運用プログラムは、米国における買収ファイナンス、機器担保付ローン及び企業向け融資などを対象としており、GEキャピタルの米国での幅広い企業ネットワーク、与信管理ノウハウを活用する予定です。

注:投資ファンド等が行う企業買収において、被買収企業の資産や将来のキャッシュフロー等を担保として買収資金の一部を融資する事業。

GEキャピタル概要

米ゼネラル・エレクトリック・カンパニーで金融事業を行うGEキャピタルは、米国コネチカット州ノーウォークに本拠地を置き、世界中の個人と企業向けに様々な金融商品・サービスを展開しています。不動産、設備、在庫品をベースにしたファイナンス、車両管理、運転資金ファイナンス、そして企業買収、リファイナンス、リストラクチャリング向けの資金を企業に提供し、その社数は100万社以上に及びます。

正式名称 GE Capital
本拠地(本社所在地) 米国コネチカット州ノーウォーク
代表者 マイケル・A・ニール(会長兼CEO)
総資産 5,698億米ドル
事業内容 総合金融ビジネス(機器リース、法人向けローン・リース、買収ファイナンス等)

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information