Main

医薬・化学品事業エムビーエス株式会社株式の取得

2011年4月25日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、メルシャン株式会社(本社:東京都中央区、社長:鈴木徹、以下「メルシャン」)の100%子会社で、メルシャンの医薬・化学品事業を会社分割(吸収分割)によって承継するエムビーエス株式会社(本社:東京都中央区、社長:恒川博、以下「エムビーエス」)の全株式を取得することを決定し、本日株式譲渡契約書を締結致しました。

三井物産は、メディカル・ヘルスケア事業領域を注力分野のひとつと位置付け、医薬分野では医薬品の研究開発を含む製薬から流通・販売支援、ヘルスケアサービス分野では医療機関運営・経営支援、ヘルスケア関連情報サービス等、さまざまな事業を展開しています。中でも、医薬品製造支援(CMO:Contract Manufacturing Organization)事業については40年以上の事業経験を有し、医薬原料の供給等を通じ国内外の製薬企業との関係を築いてきました。

メルシャンの医薬・化学品事業は、発酵技術にバイオテクノロジーを付加した独自の製造技術とノウハウにより、医薬品(原薬・中間体)の製造・受託製造・販売、及び、食品添加物、工業用薬品等の化学品の製造・販売を展開しています。また、中国では、関連会社の深圳萬楽薬業有限公司を通じて主に制癌剤を製造・販売しています。

三井物産は、エムビーエスを医薬品CMO事業の中核会社と位置付け、エムビーエスの特徴ある製造技術・ノウハウ・開発力を活用することで、CMO事業基盤を強化すると共に、三井物産のグローバルなネットワークを利用したエムビーエス主力製品(制癌剤)の販売、出資先である他の医薬品CMOメーカーとの技術融合による製造技術の深化・拡充、並びに、深圳萬楽薬業有限公司への新たな医薬品導入や競争力ある原材料供給を通じて、エムビーエスの企業価値の向上を図ってまいります。また、三井物産は、中国全土に営業拠点を有する深圳萬楽薬業有限公司を通じて、中国医薬品市場に進出致します。

尚、エムビーエスは、三井物産による株式取得後速やかに、「日本マイクロバイオファーマ株式会社」(仮称)へ商号を変更する予定です。

本取得による2012年3月期の三井物産連結業績への影響は現在精査中です。

1. 三井物産所有株式の異動

異動前所有株式 0株(所有割合:なし)
取得株式 1,000株(発行済株式数に対する割合:100%)
異動後所有株式 1,000株(所有割合:100%)

2. 日程

株式譲渡契約書締結 2011年4月25日
株式取得先による吸収分割予定日 2011年7月1日(予定)
株式譲渡期日 2011年7月1日(予定)

3. エムビーエスの概要

名称 エムビーエス株式会社
本社所在地 東京都中央区京橋一丁目5番8号
代表者の役職・氏名 代表取締役 恒川 博
事業内容 発酵技術、酵素法による医薬品原薬の製造及び製造受託。
深圳萬楽薬業有限公司(中国)を通じた医薬品の製造・販売。
事業所 磐田研究所・工場(静岡県)、八代工場(熊本県)
主な関係会社 深圳萬楽薬業有限公司
(所在地:中国、エムビーエス出資比率34.2%)
売上高 76億円(2010年12月期)(注)
<参考>深圳萬楽薬業有限公司 売上高 4.7億人民元(2010年12月期)
資本金 10百万円
設立年月日 2011年4月11日
大株主及び持株比率(異動後) 三井物産 100%

(注)メルシャンからの吸収分割によりエムビーエスに承継される予定の医薬・化学品事業の売上高を記載しております。尚、法令に基づく会計監査人の監査を受けた数字ではありません。

4. 株式取得の相手先の概要

名称 メルシャン株式会社
所在地 東京都中央区京橋一丁目5番8号
代表者の役職・氏名 代表取締役社長 鈴木 徹
事業内容 ワインを中心とした酒類、化学品、医薬品及び飼料の製造並びに販売
資本金 20,972百万円(2010年12月31日現在)
設立年月日 1934年12月4日
大株主及び持株比率 キリンホールディングス株式会社 100%

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information