Main

米国穀物集荷・輸出事業会社ユナイテッド・ハーベスト社の合弁解消について

2010年12月17日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、シーエイチエス社(本社:米国、NASDAQ上場、以下「CHS」)及び三井物産の100%出資会社であるユナイテッド・グレイン社(本社:米国、以下「UGC」)が1998年に共同で設立した米国の穀物集荷・輸出事業会社ユナイテッド・ハーベスト社(本社:米国、以下「UH」、合弁比率50:50)の合弁事業解消に合意し、CHS及びUGCは2010年12月16日(米国時間)に合弁解消契約に調印しました。本合弁事業は2011年3月末の解消を予定しております。

本合弁事業解消により、UHは解散となり、現在UGC及びCHSがそれぞれUHにリースしている穀物輸出エレベーターのリース契約解除を行い、その運営を各々引き継ぎます。UGCはUHより引き継ぐバンクーバー輸出エレベーター及び在モンタナ州の内陸カントリーエレベーターの運営を単独で行い、穀物集荷・輸出事業を継続します。

また、本合弁事業解消と共に、三井物産は、UGC保有のバンクーバー輸出エレベーターの拡張工事費用を資金使途とするUGCへの追加投資を決定しました。本投資金額は約72百万米ドル、これを含め総事業規模は約2億ドルとなります。同輸出エレベーターの拡張により穀物取扱数量を拡大し、米国からアジアを中心とするマーケットに向けた穀物の安定供給体制の強化を図ります。拡張工事の完了は2012年夏を予定しています。

世界の人口増加及び新興国の経済発展により世界の穀物需要の拡大が見込まれる中、三井物産は、今後も穀物事業をコアビジネスのひとつと位置づけ、UGCを通じて米国における穀物集荷・輸出事業の拡張・発展に取り組みます。

会社概要

ユナイテッド・ハーベスト社(UNITED HARVEST, LLC)

設立 1998年
本社所在地 米国ワシントン州
出資構成(合弁解消前) CHS 50%、UGC 50%
事業概要 穀物の集荷・輸出

シーエイチエス社(CHS Inc.)

設立 1998年
本社所在地 米国ミネソタ州
事業概要 全米最大の農協。NASDAQ上場。
穀物の集荷・販売並びに石油の精製・販売。

ユナイテッド・グレイン社(UNITED GRAIN CORP.)

設立 1969年
本社所在地 米国オレゴン州
株主構成 米国三井物産(三井物産の完全子会社)80%、三井物産 20%
事業概要 穀物流通事業

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information