Main

治験薬物流管理事業に進出

2010年11月11日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、製薬会社やCRO(Contract Research Organization:臨床開発受託機関)に対し、臨床開発(新薬開発工程)における治験薬物流管理のフルアウトソースサービスの提供を来春を目処に開始します。これにより、製薬会社はこれまでアウトソース出来なかった治験薬の保管や配送に関わる一切の業務を外部委託することが出来、本業である新薬開発に専念出来るようになります。

従来、治験薬の保管・配送(治験薬物流)は製薬会社が自ら実施することが省令により定められていましたが、2008年4月、厚生労働省による医薬品の臨床試験実施基準に関する省令(GCP省令)改正に伴い、物流会社など第三者による医療機関への治験薬交付が可能となりました。一方で治験薬の取扱に求められる高い管理品質を維持すべく、現時点でも治験薬物流のアウトソースは進んでいないのが実態です。当社が手掛ける治験薬物流管理事業においては製薬業界関係各社の協力を得て、製薬業界で求められる高い品質管理レベルを前提とした物流サービスを提供します。

本事業の推進にあたっては、本年10月21日に開業した東京国際空港(羽田)の新国際貨物ターミナルである東京国際エアカーゴターミナル(株)(当社100%子会社、以下「TIACT」)内に日本の空港としては初めて設置された治験薬専用保管施設を活用します。羽田空港を日本国内及びアジアで行われる臨床試験における治験薬の輸出入物流ハブと位置づけて、日本全国及び海外の臨床試験実施施設(医療機関等)への直接配送を含めた治験薬の物流管理サービスを提供していきます。

本事業の一環として、本邦大手CROであるイーピーエス(株)及び同社100%子会社のイートライアル(株)と共同で本邦初となる治験薬物流管理システムを開発中であり、これを用いて、治験薬物流に関わる入出荷指示や実績管理の効率化、物流のトレーサビリティ(可視性と追跡可能性)の大幅な向上を実現します。

三井物産は、将来的には本邦製薬企業のアジア治験推進を物流面から支援すべく、アジア側での治験薬物流網の整備に取組んでいく予定です。

東京国際エアカーゴターミナル株式会社

本店所在地 〒144-0041 東京都大田区羽田空港2-6-3
設立 2006年6月22日
資本金 24億円(2010年10月1日現在)
従業員 197名(2010年10月1日現在)
主な事業内容 ・東京国際空港国際線地区貨物ターミナル整備・運営事業

イーピーエス株式会社

本店所在地 〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-23つるやビル
設立 1991年5月
資本金 18億7,525万円
従業員 1,301名(2010年10月末現在)
主な事業内容 ・臨床試験の企画支援、臨床試験計画書の作成支援業務
・臨床試験のモニタリング、データマネジメント業務

イートライアル株式会社

本店所在地 〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-1第一勧業稲垣ビル8F
設立 2006年3月23日
資本金 5,000万円
従業員 31名
主な事業内容 ・臨床試験に関わるソフトウェアの受託開発・販売業務

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information