Main

三井物産とスターゼンの食肉事業における業務提携について

2010年10月1日


三井物産株式会社
スターゼン株式会社


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下三井物産)及びスターゼン株式会社(本社:東京都港区、社長:秋山 律、以下スターゼン)は、食肉事業の生産・加工・製造・物流・販売分野におけるバリューチェーン強化を目指し、業務提携を行うことに基本合意致しました。

スターゼンは国内畜産業界最大手の一角を占める食肉卸・加工業者であり、「食を通して人を幸せにする生活関連企業となる」を経営ビジョンに食肉と食肉製品分野において、産地から食卓までの一貫したネットワークを構築しており、自社生産規模の拡大や効率化、販売・物流網の強化による更なる事業基盤の拡充を目指しております。

三井物産は食料・リテール本部における事業の一つとして、飼料原料の輸入・販売、また関係会社等を通じて配合飼料の製造・販売、鶏肉の加工・製造・販売及び種豚の生産・販売等の飼料畜産分野での事業を展開しております。今後の更なる事業展開においては、これらの既存事業の強化に加えて、食肉事業分野における機能強化が必要であり、対応策を模索して参りました。

三井物産はスターゼンの2.53%の株式を保有する株主でもあり、両社及び両社関係会社は従来より取引関係にありましたが、今回の業務提携は両社の目指す方向性や目的が合致したことにより実現したものです。両社が主に豚肉事業分野において相互の経営資源を以って協業することで、将来に亘りより強固な生産から販売までの一貫したバリューチェーンを構築し、お客様により安全安心で美味しい豚肉及びその関連商品を安定的に提供して参ります。

本業務提携の主な内容は以下の通りです。

  1. 生産部門での協業
    (1)養豚生産基盤の拡大による戦略的、安定的な調達網の強化
    (2)養豚農場の効率的運営
    (3)新ブランド豚の開発
  2. 販売部門での協業
    (1)スターゼン、三井物産及び両社関係会社等の販売ネットワークの共有
    (2)食品メーカーとの連携
  3. 物流部門での協業
    (1)物流拠点の新設
    (2)スターゼン、三井物産及び両社関係会社等の物流ネットワークの共有
  4. その他
    海外での共同事業展開

今後、両社で共同プロジェクトチームを立ち上げ、個々の具体策を策定し実施致します。

尚、スターゼンは9月21日付東証適時開示情報の通り、本日付にて三井物産の鶏肉事業子会社であるプライフーズ株式会社(本社青森県八戸市、代表取締役白崎憲二)の第三者割当増資引受を行いました。今後、鶏肉に関しても同様に両社の連携を強化して参ります。

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information

お問い合わせ先

スターゼン株式会社 広報IR室 佃 幸広
TEL:03-3471-5521
三井物産 広報部 小林佳代
TEL:03-3285-7618
FAX:03-3285-9819
お問い合わせフォーム