Main

不溶性金属電極製造会社、ペルメレック電極株式会社の経営権譲渡について

2010年9月30日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、持株会社を通じて発行済株式の50%を保有するペルメレック電極株式会社(以下「ペルメ社」)の経営権を、インダストリエ・デノラ(Industrie DeNora本社:イタリア・ミラノ市、社長:ジャンフランコ・モラ、以下「デノラ社」)に譲渡することを合意しました。経営権の譲渡は11月を予定しており、これによりペルメ社はデノラ社の100%子会社となります。

三井物産は、開発困難と言われていた、塩素に侵食されない不溶性金属電極(以下「DSE®」)の開発に成功したデノラ社の革新技術を日本に導入することを目的に、1969年にデノラ社との合弁会社としてDSE®製造会社ペルメ社を設立しました。DSE®は、基礎化学品の一つである塩素と苛性ソーダを製造する電解槽等に使われるもので、主に電解槽を保有する国内ソーダメーカーへのリース販売及び電解槽製造メーカーに販売されています。ペルメ社は、主として日本国内の市場を中心にDSE®の供給とその用途の多機能化に向けた活動を続け、その過程で世界に通用する品質・技術・製造ノウハウを蓄積してきました。一方デノラ社は、優れた電解技術と豊富な経験を有し、電解・電極分野における世界的な拠点網を構築しグローバルな事業展開を推進しています。今後世界的に市場環境・経済環境が大きく変動することが予想される中、ペルメ社が更に発展するためには、デノラ社のもとで一体運営されるのが最良の選択であるとの結論に達し、今般経営権の譲渡に合意したものです。

ペルメ社の会社概要

社名 ペルメレック電極株式会社
所在地 神奈川県藤沢市遠藤2023番15号
設立年月日 1969年6月30日
資本金 90百万円
株主 50% MBKプロジェクトホールディングス(株)(三井物産100%持株会社)
50% デノラグループ(イタリア)
代表者 妹尾大五郎
主要事業 (1) 金属電極並びに関連機器(*)、器具の輸出入、製造、販売及び賃貸
(2) 前号に関連する機器、器具の利用及びその開発並びにその技術の開発
純資産 70億円(2010年3月31日時点)
総資産 252億円 (2010年3月31日時点)
売上高 65億円 (2010年3月期)
連結従業員数 約180名 (2010年4月1日時点)

* 金属電極、関連機器とは:
塩素と苛性ソーダの製造用食塩電解槽に用いられるチタン製電極、銅箔の製造用電極など電気分解装置に用いられる金属電極(チタン、ニッケルなどに白金などの貴金属をコーティングしたもの)。

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information