Main

米国ダウ ケミカルと合弁会社を設立し、テキサス州で電解事業に参入

2010年7月1日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己)は、米国化学品大手のザ ダウ ケミカル カンパニー(本社:米国ミシガン州ミッドランド市、以下ダウ社)と折半出資で米国テキサス州フリーポートにて電解事業を行う合弁事業の設立に関する合弁契約書を7月1日(米国時間)に締結しました。本合弁事業への当社出資額は約1.4億米ドルを予定し、これに加えてプロジェクトファイナンスの活用に向け関係各社と協議中です。

合弁契約書の概要

事業内容 電解による苛性ソーダと塩素の製造販売
出資比率 当社100%出資米国子会社:50%、
ダウ社:50%
出資形態 LLC(※)
当社出資額 約1.4億米ドル

※ LLC(リミティッド・ライアビリティー・カンパニー)とは、米国州政府が制定した法律に基づき設立される有限責任の企業形態の一つです。

今後、本年度8月末を目処に政府関係機関の承認を取得し、上記契約に関する先行要件を充足する予定です。

苛性ソーダと塩素は、塩を電気分解することにより生産される化学品の基礎原料で、ダウ社との合弁によるこの電解プラントは、最新の技術を導入し、世界最大級の生産能力を擁しており、競争力のあるこれら基礎原料を生産します。

当社は、業界トップシェアを誇る二塩化エチレン(EDC)をはじめとする、塩素を原料とした商品群の販売を世界規模で展開しています。当社は、本合弁会社で生産する塩素のEDCへの加工をダウ社へ委託し、EDCと苛性ソーダを世界のマーケットに安定的に販売します。

本合弁事業を通じ、当社はダウ社との関係を深化し、当社が強みを持つ商品の製造事業に参入するという意義があり、戦略的提携の一環として位置付けられます。

当社は2009年4月、塩事業、アルカリ事業、塩化ビニール原料事業、塩化ビニール樹脂事業、ウレタン原料事業を統合し、当該事業チェーン全体を川上から川下まで統括するクロールアルカリ事業部を発足しており、関連事業間のシナジーを追求することにより更なる価値創造を目指してまいります。

1. プロジェクト概要

所在地 米国テキサス州フリーポート
操業開始時期 2013年 年央(暦年ベース)
年間生産量 苛性ソーダ:約88万トン、塩素:約80万トン

2. ダウ社概要

正式名称 The Dow Chemical Company
代表者 Andrew Liveris, Chairman & CEO
所在地 米国ミシガン州ミッドランド市
上場証券取引所 ニューヨーク証券取引所(NYSE)
従業員数* 約52,000人
主な事業内容 化学品の製造販売
連結売上高* 450億米ドル
連結総資産* 659億米ドル

* 2009年12月期

3. プロジェクトスキーム

プロジェクトスキーム

4. クロール・アルカリ製品フローチャート

クロール・アルカリ製品フローチャート

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information