Main

TPV Technology Limitedの第三者割当増資引受及び共同公開買付の結果について

2010年4月23日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、2010年1月29日付の「TPV Technology Limitedの第三者割当増資引受及び共同公開買付に関するお知らせ」にて発表いたしましたTPV Technology Limited(登記所在地:バミューダ、香港・シンガポール証券取引所上場、会長兼CEO:宣建生 Jason Hsuan、以下「TPV」)の第三者割当増資引受及び共同公開買付を終了いたしましたのでお知らせいたします。

1. 第三者割当増資引受

三井物産は、TPVの第三者割当増資(以下、「本第三者割当増資」)を引き受け、2010年3月16日にTPV株式234,583,614株を取得いたしました。

引受株式の種類 普通株式
引受株式数(議決権比率) 234,583,614株(10%)
引受価額 1株につきHK$5.20
引受価額の総額 HK$12.2億(約142億円)
払込期日取得日 2010年3月16日

2. 共同公開買付

三井物産は、China Electronics Corporation(本社:中国北京、董事長:熊群力 Xiong Qunli、以下「CEC」)グループと合わせてTPVの30%以上の株式を保有することとなり、香港市場の規定に基づき、CECの香港孫会社であるCEIEC(H.K.) Limitedと共同で、三井物産とCECグループ及びその特別関係者の保有分を除く全てのTPV株式を対象とした公開買付(以下、「本公開買付」)を実施いたしました。

(1)本公開買付の概要

公開買付市場 香港証券取引所、シンガポール証券取引所
対象株式 普通株式
買付価格 1株につきHK$5.20
公開買付期間 2010年3月18日~2010年4月22日

(2) 本公開買付の結果

本公開買付は、三井物産、CECグループ及びその特別関係者が本公開買付前に保有する株式数と本公開買付への応募株式数の合計がTPV発行済株式総数(※1)の50%超となることを成立条件としています。
2010年4月8日に上記成立条件を満たしたことから、本公開買付は成立し、香港市場の規定に則り2010年4月22日をもって本公開買付を終了いたしました。本公開買付により三井物産は、TPV株式118,424,976株を取得し、第三者割当増資引受分と合わせ保有株式数353,008,590株、出資比率15.05%を保有することとなります。

a. 本公開買付応募結果

【公開買付実施前】

  株式数 TPV発行済株式総数に対する比率
(A)三井物産保有株式数 234,583,614株 10.00%
(B)CECグループ保有株式数 774,060,000株 33.00%
公開買付者保有株式数
(A)+(B) (※2)
1,008,643,614株 43.00%

【応募株式数】

  株式数 TPV発行済株式総数に対する比率
応募株式数 166,773,623株 7.11%

【公開買付実施後】

  株式数 TPV発行済株式総数に対する比率
(A)三井物産保有株式数 353,008,590株 15.05%
(B)CECグループ保有株式数 822,408,647株 35.06%
公開買付者保有株式数
(A)+(B) (※2)
1,175,417,237株 50.11%

(※1) TPV発行済株式総数(公開買付終了時点): 2,345,836,139株
(※2) 香港市場の規定において特別関係者としてみなされるモルガン・スタンレー(三井物産のフィナンシャル・アドバイザー)が保有する株式数(232,830株)を除く。

b. 三井物産の買付概要

三井物産の買付株式数
(議決権比率)
118,424,976株
(5.05%)
買付価格 1株につきHK$5.20
三井物産の買付価額の総額 HK$6.2億(約74億円)

3. 本第三者割当増資及び本公開買付による三井物産所有株式数の異動

株式取得前所有株式数
(議決権比率)
なし
株式取得後所有株式数
(議決権比率)
353,008,590株
(15.05%)

三井物産は、これまでTPVへの液晶モジュールや関連部材の供給等を通じて構築してきた同社との良好な関係を、今般の投資により強化することにより、今後市場拡大が期待される液晶モニター、液晶テレビ市場における事業拡大を目指します。

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information