Main

代行売上高の表示に係る変更及び連結売上高予想の修正について

2010年3月12日


Main Contents

当社は今般、代行売上高の表示に係る変更を行うこととしましたので、これに伴う連結売上高予想の修正と併せ、下記の通りお知らせいたします。

1.代行売上高の表示に係る変更

従来当社は、当社及び連結子会社が売買契約の当事者とならず代理人として行う取引に係る売上高(「代行売上高」)について、商社業界における会計実務慣行を踏まえ、売買契約の当事者間の取扱高と当社が受領する手数料の合計額で表示してきましたが、今般、当社が代理人として負っている契約上のリスクに鑑み、手数料額のみをもって表示することとしました。本措置は2009年4月1日に遡って適用します。

当社は連結決算において米国会計基準を採用しており、2004年3月期以降、連結損益計算書において米国会計基準による収益形態別の収益を表示する一方、参考情報として本邦会計基準による売上高(「連結売上高」)を任意開示しております。本変更は、連結売上高及び個別損益計算書における売上高に適用するものです。

なお、本変更を2009年3月期実績に適用した場合の売上高への影響は現在算定中であり、2010年3月期決算短信の連結損益計算書及びオペレーティング・セグメント情報において、修正再表示した2009年3月期の連結売上高を開示予定です。

2.連結売上高予想の修正

本変更に伴い、2010年3月期の連結売上高予想を以下の通り修正します。当期純利益への影響はありません。

  連結売上高 連結当期純利益
前回発表予想(A) 11兆5,000億円 1,400億円
今回発表予想(B) 10兆円 1,400億円
増減額(B)-(A) △1兆5,000億円
増減率(%) △13.0

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information