Main

2009年「入社式挨拶」

2009年4月1日


Main Contents

当社 社長 飯島彰己による新入社員向け挨拶を下記の通りお知らせします。

皆さん、入社おめでとうございます。社長の飯島です。

皆さんは、本日、社会人としての第一歩を、三井物産の社員として踏み出すわけですが、私にとっても、本日は社長としての第一歩を踏み出す記念すべき日となりました。
長くこの会社で仕事をしてきた一人の先輩として、また、新しい社長として自らの決意も込めて、一言お祝いの言葉を述べさせていただきたいと思います。

皆さんが入社された三井物産という会社は、1876年(明治9年)の創業以来、133年の歴史の中で、さまざまな環境変化を乗り越え、常に変化に対応しながら、業務の内容を進化させてきた、極めてユニークな会社です。

昨年来の世界金融危機に伴う信用収縮の影響により、これまで経験したことのない規模とスピードで景気の後退が続いており、今、私たちは数十年に一度、或いは大袈裟に言えば100年に一度と言われるような、非常に厳しい経営環境の中にあります。

長い歴史の中で、当社は幾多の困難に遭遇し、その度に、会社の存続が疑問視されたり、危ぶまれたりしたことも数多くありました。

過去の当社がそうであったように、この難局を社員全員が力を合わせ乗り越え、時代の変化を先取りして進化していくために、われわれが忘れてはいけない「基本」について今日はお話したいと思います。

(人の三井と良い仕事)

まず第一に、長い歴史を持つ当社の伝統を伝える、いわば原点として「人の三井」という言葉があります。

私はこの言葉に込められた意味、即ち三井物産という会社は、人材育成を大事にする会社であり、社会に役に立つ人材を輩出する会社である、ということを忘れてはならないと思います。

決して「三井には優れた人がいますよ」という意味ではありません。

この「人の三井」という言葉を実現し、当社が社会の中で尊敬される会社となるためには、まずわれわれ一人ひとりが尊敬される個人とならなければなりません。これは仕事のスキルやノウハウといった面のみならず、倫理観や向上心といった心の面も併せ、言わば「心技」双方のバランスのとれた向上を意味します。
その為には、社員一人ひとりが自らを磨き、常に誠実に、謙虚に自らを振り返り、そして行動をしていく必要があります。
その積み重ねの中で、初めて「仕事の質」を高め、「良い仕事」を実現していくことが可能となります。

「良い仕事」とは、(1)社会にとって役に立つものであり、(2)お客さまやパートナーにとって有益で付加価値をもたらすものであり、そして、(3)皆さん一人ひとりのやりがいや納得感につながるものです。

会社は皆さんに大いなる舞台と自己実現の為の場を提供していきます。
皆さんはその機会を最大限活用し、自己研鑽に励み、仕事を通じて自らを磨く努力を続けて下さい。

そして結果として、「人の三井」にふさわしい良い人材に育って欲しいと思います。

(挑戦と創造)

次に、われわれが先人から受け継いできた、大好きな価値観である「挑戦と創造」という言葉を揚げたいと思います。

先日当社は10年後を見据えた長期業態ビジョンを発表しましたが、その中で「進化(Evolution)」という言葉をキーワードとして掲げました。

未曾有の変化の時代にあっては、過去の経験や成功体験が必ずしも頼りにならない、もはや役に立たないといえるかもしれません。

過去においても、さまざまな環境変化の中で、何度か商社不要論が声高に叫ばれたこともありました。

その度に、常に時代の流れを読み、既成概念にとらわれず、斬新な発想で新しいことに挑戦し、自らを変革してきた先人がいたからこそ、われわれは絶え間なく柔軟に業態を進化させて来られたのだと思います。

皆さん一人ひとりが、この変化の時代にあって「安定」という意識を排除し、「現状維持は破滅である」という健全な問題意識をもって、常に「挑戦と創造」に向け努力する、結果として自らを進化させることこそ、当社の変わらざる本質であるということを忘れないでいただきたいと思います。

(自由闊達)

当社のDNAを伝えるもう一つの言葉として「自由闊達」があります。

私自身、当社の先輩や後輩との濃密なコミュニケーションを通じて、自由闊達な風土の下、互いに高めあってきました。
多くの人達のさまざまな意見や考え方を受け入れ、知恵を出し合った結果、新しいアイデアが生まれ、良い仕事につなげることができたと自負しています。

今後ますます市場のグローバル化が進んでいく中で、多様な価値観をもった人々を受け入れ、自由闊達に議論ができることこそ、新しい時代を支える皆さんにとって最も大切なことだと思います。

最後に、働くことを常に楽しんでください。そしていろいろな人との出会いを通じて自分を高め、自己実現をしていって下さい。

仕事、そして人生を成功に導くキーワードがあるとすれば、「感謝」・「謙虚」、そして「努力」だと思います。
どんな状況におかれても、「働ける」という事実を大いに楽しみ、そして感謝してください。そうすれば、自ずと謙虚になれるはずです。
そしてたゆまず努力を続けてください。
努力しても成果が上がらない、と感じることもあるでしょうが、努力を継続することで、ある時、次の段階にステップアップする感覚を必ず感じるはずです。

皆さんが、心身共に健康で、良い会社生活を送られることをお祈りし、私の挨拶に代えさせていただきます。

本日は本当におめでとうございます。

Information