Main

三井物産が中国最大の肥料会社を傘下に持つ雲天化集団と業務提携

2009年11月2日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下:三井物産)と中国の雲天化集団有限責任公司(本社:雲南省昆明市、董事長:董華、以下:雲天化集団)は2009年10月20日、中国における肥料原料、化学肥料の輸出入を軸に、食品原料、硝子繊維、石炭、物流など同集団が有する多岐にわたる事業において戦略的な業務提携を締結することで合意しました。

雲天化集団とは、雲南省政府傘下の国有企業「雲天化集団有限責任公司」を持株会社として、化学肥料(燐酸系・窒素系)、燐系化学品(黄燐等)、複合材料(硝子繊維・クロス等)、塩・塩派生化学品、燐鉱石採掘の5分野の子会社群を保有する企業集団です。同集団は雲南省十大企業集団の1社に数えられ、中国全土でも売上規模305億元(4,420億円)で200位前後に位置しています。中国政府の農業振興政策の一環として過去数年間、雲南省内の大規模な化学肥料企業が合従連衡を経て、現在の形態になっています。
とりわけ化学肥料分野においては現在、アジア最大の年間600万トン規模の燐酸系肥料生産能力(世界第3位)を誇り、今後は年間生産1,000万トン規模までの増産を計画しています。

今回の戦略的な業務提携の柱は(1)肥料原料の輸入(2)化学肥料の輸出(3)食品原料の輸入(4)燐系化学品・硝子繊維の輸出(5)物流事業支援(6)石炭の輸入(7)中国での共同事業投資推進-などです。今回の業務提携を機に、両社間の各分野での交流及び協業を積極的に進め、両社の関係強化・深化を図り、多面的な事業を展開していく方針です。また、提携の柱となる事業を実現していく為に、両社夫々にタスクフォースチームを設置し、多層的且つ頻繁な相互交流を通じて、本提携をより具体的な事業形態に落とし込んでいく予定です。

中国では経済発展と生活水準の向上により、食料マーケットが拡大しつつあり、それに伴い、雲天化集団の基幹産業である農業用化学肥料事業向けの原料需要が急速に拡大しております。例えば、硫黄は既に中国が世界最大の輸入国であり、農業振興政策の進展に合わせて、安定的な肥料原料の調達ルート確保が喫緊の重要課題となっています。そこで、三井物産は総合商社としてのグローバルな展開力を機軸に、雲天化集団と共同で肥料原料の調達を行なうなど、幅広い事業分野で両社の強みを活かして協力関係を築いていく方針です。なお、三井物産は、同集団と10年以上にわたって肥料原料や肥料の輸出入取引に取り組んできており、同集団がさらなる発展を目指すのに伴い今回の戦略的提携に至ったものです。

雲天化集団有限責任公司(集団持株会社)概要

本社所在地 中華人民共和国 雲南省 昆明市
代表者 董事長 董華
設立 1997年
資本金 26.8億元
売上 305億元
事業内容 燐酸系肥料、窒素系肥料、燐鉱石採掘、燐化学品、複合材料、塩・塩派生化学品、有機化学品

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information