Main

中国広東省のアルミニウム圧延会社2社への資本参加

2009年10月8日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下三井物産)は香港の現地法人を通じて、2009年10月8日、古河スカイ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:吉原正照、以下古河スカイ)と共同で、中国のアルミニウム事業会社である広東東陽光業股有限公司(本社:広東省韶関市、法定代表者:郭京平氏、以下東陽光)傘下のアルミニウム圧延会社2社に経営参画することに合意する旨の契約書に調印致しました。

この2社は、乳源東陽光精箔有限公司(本社:広東省韶関市、法定代表者:張虹偉氏、以下乳源)及び韶関市陽之光铝箔有限公司(本社:広東省韶関市、法定代表者:盧建権、以下陽之光)で、三井物産はそれぞれの株式20%を、古河スカイは同じく各25%の株式を既存株主である東陽光と香港南北兄弟国際投資有限公司(本社:香港、法定代表者:郭梅高氏)から2009年末頃に取得する予定です。

中国のアルミニウム圧延品需要は、電子・電機機器向けのみならず、輸送関係や包装容器向け等、今後も継続的な伸長が見込まれております。とりわけ自動車向けの需要は、自動車需要の拡大と生産拠点の増大を背景として高い伸びが予想されており、高度な生産技術を必要とする高品質な熱交換器用アルニウム材を中国国内で供給することが期待されております。

古河スカイが保有する先進的な技術の提供と三井物産の保有するグローバルネットワークの活用を通じて、これらの拡大する需要に積極的に対応すると共に、日系ユーザーを含む中国内外の顧客への拡販と新規開拓を進めることで、乳源、陽之光の企業価値を向上させたいと考えております。

乳源、陽之光の両社は、現在生産しているコンデンサ用アルミニウム箔、エアコン用アルミニウム箔等に加え、2010年には古河スカイから供与される技術に基づき、新たに自動車熱交換器用アルミニウム材の製造に着手し、同年内を目処に中国内外の顧客に向けて販売を開始する計画です。

1)対象会社の概要

  乳源東陽光精箔有限公司 韶関市陽之光铝箔有限公司
設立 2002年6月 2005年11月
所在地 中国広東省韶関市乳源県龍船湾 中国広東省韶関市乳源県開発区
資本金 250百万人民元/約36億円 496.5百万人民元/約72億円
売上高(2008年) 873百万人民元/約126億円 691百万人民元/約100億円
売上数量21千トン 売上数量23千トン
主要製造品目 コンデンサ用アルミニウム箔 エアコン用アルミニウム箔
アルミニウム板・コイル
従業員 約500名 約230名

2)パートナーの概要

  広東東陽光铝業股份有限公司 古河スカイ株式会社
設立

1996年10月

2003年10月
所在地 中国広東省韶関市乳源県城鎮侯公渡 東京都千代田区外神田4丁目14番1号秋葉原UDX12階
資本金 827百万人民元/約120億円 165億円
売上高 2,468百万人民元/約370億円(2008年12月期) 2,286億円(2009年3月期)
主要株主 深圳市東陽光実業発展有限公司 62.6%
乳源陽之光铝業発展有限公司 5.95%
上海証券市場流通株 31.45%
古河電工株式会社 53%
新日本製鐵株式会社 8.23%
事業内容 アルミニウム高純度地金精製、アルミニウム板圧延、アルミニウム箔圧延、電解コンデンサ・エアコン用アルミニウム箔の製造、販売 アルミニウム製輸送用部材、生活関連品部材、産業用部材、建築用部材の製造、販売
従業員 約5,000人 3,582人(2009年3月末)

3)三井物産出資後の資本構成

三井物産出資後の資本構成

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information