Main

カタール国ラファン・リファイナリーの生産開始について

2009年9月28日


Main Contents

当社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己)が欧州三井物産との折半出資会社MIT LAFFAN REFINERY LTD社を通じて4.5%の株式を保有するラファン・リファイナリー社は、カタール国のラス・ラファン工業団地に建設したラファン製油所において9月23日に生産を開始致しました。

ラファン製油所(処理量:日量14万6千バレル)は、カタール国で初めてのコンデンセートを原料とする製油所で、ナフサ(日量6万1千バレル)・灯油(日量5万2千バレル)・軽油(日量2万4千バレル)及びLPG(日量9千バレル)の生産を予定しています。

同製油所は、カタール国の戦略に沿った形で、単一構造の天然ガス田としては世界最大級の埋蔵量を誇るノース・フィールド天然ガス田から産出されるコンデンセートを精製して付加価値を高め、石油製品として出荷するもので、2006年4月に着工し、このほど完成・生産を開始したものです。

同製油所は環境に優しい設計になっており、厳しい環境基準に沿って建設されました。特に排水を最大限再利用すること等に配慮しています。

当社はカタール国に於いて、同国初のLNGプロジェクトであるカタールガス1プロジェクト及び米国向け輸出を主とするLNGプロジェクトであるカタールガス3プロジェクトにも参加し、同国の資源エネルギー事業の推進に深く関わって参りました。今回の精製事業開始によりカタール国との関係を更に強固なものとし、同国のエネルギー分野を含む経済の発展に貢献していきます。

会社概要

ラファン・リファイナリー社

設立年月 2006年9月
所在地 カタール国ドーハ
出資者(比率) カタール・ペトロリアム社(51%)、
エクソンモービル(10%)、トタール(10%)、
出光興産(10%)、コスモ石油(10%)、丸紅(4.5%)、 MIT LAFFAN REFINERY LTD.(4.5%)

鉱区地図

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information