Main

中国最大の農牧企業/新希望集団有限公司と業務提携

2009年9月15日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下:三井物産)と、新希望集団有限公司(本社:中華人民共和国四川省成都市、董事長:劉永好、以下:新希望集団)は2009年9月14日、中国における飼料の輸入・販売を軸に、同集団が有する多岐に渡る飼料畜産業、乳業、化学品等の事業において戦略的な業務提携を締結することで合意しました。

新希望集団は1982年創業の中国最大の農牧企業で、飼料、畜産を主体とした農牧事業、食品、化学品、金融業、不動産開発事業等の多岐に渡る事業を中国国内で展開しています。傘下には、380社の企業・約5万人の従業員を有し、配合飼料の取扱量では中国第一位で10%のシェアを占めています。また、家禽の処理羽数も中国で14%のシェアをもつトップ企業です。

今回の戦略的な業務提携の柱は(1)飼料原料の海外から中国への輸入、中国国内での調達・販売の合弁事業設立の検討(2)日本における配合飼料の技術、調達・販売・物流等の構築における経験の中国市場への適用支援(3)中国で展開する畜産、乳業、化学品、資源、金融事業等での協業検討-などです。今回の提携を機に、両社間で人材交流を積極的に進め、相互理解を深め、多面的に事業に取り組んでいける関係を構築していく方針です。また、提携の柱となる事業を実現していく為に、両社共同でワーキングチームを設置し、業務提携をより具体的な事業形態に落とし込んでいくことも合意しております。

中国では経済発展と生活水準の向上に伴い、乳製品・食肉などの需要が急速に拡大しており、それに対応するため飼料の需要も拡大しております。例えば、大豆は既に中国が世界最大の輸入国となっており、今後同国の食料・飼料需要の増加が予想される中、安定的な原料調達ルートを確保することが大きな課題であり、また今後の畜肉の需要に対応していくために飼料効率を高める事も重要視されています。さらに、中国消費市場で高まりつつある食品に対する安心・安全の意識にも対応していくことも大切です。

三井物産は、2008年3月に新希望集団傘下の企業集団である山東六和集団(以下六和集団とする)と共に阜新六和農牧有限公司*1に出資し、遼寧省阜新市で鶏肉及び鶏肉加工品の一貫生産及び販売事業を合弁で行っております。また現在、三井物産は米国産ホエイを新希望集団傘下の四川新希望貿易に販売しており、今後も多面的な取り組みを展開していく予定です。

今回の戦略的業務提携により、三井物産は中国国内および海外からの穀物・飼料原料の調達に関して新希望集団と共同で事業化をスタートします。また、これを皮切りに、新希望集団が広く手がける関連事業の畜産業や畜産加工業、乳業、化学品事業や金融関連事業等に関しても多面的に提携関係を構築していく予定で、幅広い事業領域を有する両社の強みを生かして協力関係を強化していく方針です。

*1:出資比率は六和集団60%、三井物産30%、現地パートナー10%。
三井物産の出資金は40百万元(578百万円)。

新希望集団有限公司 概要

本社所在地 中華人民共和国 四川省 成都
代表者 董事長 劉 永好
設立 1982年
資本金 未公開
事業内容 配合飼料、畜産事業、畜肉加工品事業、乳業、化学品事業、金融事業、不動産事業等

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information