Main

ロシアOPK社造船部門近代化に関するフィージビリティ・スタディへ参画

2009年4月27日


三菱重工業株式会社
日本郵船株式会社
三井物産株式会社


Main Contents

三菱重工業株式会社(本社:東京都港区港南、社長:大宮英明)、日本郵船株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、社長:工藤泰三)及び三井物産株式会社(本社:東京都千代田区大手町、社長:飯島彰己)(合わせて3社)は、このたびロシア多角化企業United Industrial Corporation(本社:ロシア連邦モスクワ市、以下OPK)と、OPK社傘下造船所での大型LNG船建造に向けたフィージビリティ・スタディを行う旨の関連合意書に調印致しました。

3社は本フィージビリティ・スタディを通じて大型LNG船建造に向けたOPK社傘下造船所の近代化の検討を行い、同造船所と連携の上、ロシア向け新規LNGプロジェクトへの参画を目指します。

3社は、今後益々の開発が想定されるロシアの資源・エネルギー分野を、造船、船舶保有・運航の観点から、重点分野の一つとして位置付けております。ロシアでは将来、大型のLNGプロジェクトを始め、資源・エネルギー関連の輸送分野の拡大が見込まれ、今回のロシアにおける造船所近代化支援をきっかけに、ロシア資源・エネルギー関連分野への積極的な参画を目指していきます。

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information

お問い合わせ先

三菱重工業株式会社
広報・IR部 広報グループ 渡部(ワタナベ)
TEL:03-6716-2168
FAX:03-6716-5860
日本郵船株式会社
広報グループ 加藤
TEL:03-3284-5190
FAX:03-3284-6382
三井物産株式会社
広報部 報道室 大木
TEL:03-3285-7562
FAX:03-3285-9819
お問い合わせフォーム