Main

ロシア サハリンIIプロジェクトからのLNG出荷開始について

2009年3月29日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:槍田松瑩)が12.5%出資するサハリンエナジー社(以下SE社)は、本日、ロシア連邦サハリン州プリゴロドノエ港に所在するLNG生産・出荷設備から液化天然ガス(LNG)の出荷を開始しました。本日出荷されたLNGは、東京ガス株式会社向け、並びに、東京電力株式会社向けとなります。

サハリンIIプロジェクトのLNG生産設備(液化系列2系列)は、年間960万トンの最大生産能力を予定しております。同設備から生産されるLNGは、約6割が日本へ供給される予定です。

本出荷は、ロシア連邦からの初のLNG出荷であるとともに、日本から近距離に位置する供給ソースとして、今後、アジア・太平洋地域へのエネルギー安定供給、並びに、供給源の多様化への貢献の一助になるものと考えております。

当社はSE社の株主として、昨年12月に開始された原油通年生産と出荷に続き、本LNG出荷の開始をサハリンIIプロジェクトにおける重要なマイルストーンと捉えており、引き続き本プロジェクトの原油・LNG安定供給体制確立に向けた支援を継続していきます。

参考情報

サハリンIIプロジェクト概要

ロシア・サハリン島沖は、約450億バレル相当(石油換算)の資源を有するといわれる世界規模の石油・ガス開発地域です。サハリンIIは世界最大の石油・ガス複合プロジェクトであり、約40億バレル相当(石油換算)の資源を有します。

サハリンIIプロジェクトはサハリンエナジー社(SE社)(当社12.5%、ガスプロム50%+1株、ロイヤルダッチシェル27.5%-1株、並びに三菱商事株式会社10%の共同出資会社)が事業主体となり、第一段階開発として、1999年以降、夏季半年間限定での原油生産・出荷(ピーク時生産量 : 9万バレル/日)を行ってきました。また、第二段階開発として、2008年12月には、サハリン島南端のSE社プリゴロドノエ原油・LNG出荷設備から、原油の通年出荷を開始、今般、LNGの出荷を開始致しました。サハリンIIプロジェクトでは、ピーク時生産量約15万バレル/日の原油ならびに年間960万トンの液化天然ガス(LNG)を生産する予定です。同設備から生産されるLNGは、約6割が日本へ、約4割が韓国ならびに米国西海岸向けに供給される予定です。

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information