Main

南オーストラリア州でのウラン鉱区権益取得のこと

2008年10月15日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区大手町、社長:槍田松瑩)は、ウラニウムワン社(本社:カナダ、バンクーバー市)から、同社が保有する豪州南オーストラリア州ハネムーン鉱山を含む6つのウラン鉱区の権益を取得することを決定し、同社との間で売買契約書及びこれらの鉱区の共同開発を進める為の合弁契約書を締結しました。権益取得費及び、本事業に係る三井物産が負担する開発総投資額の合計はA$104百万(約73億円)となる見込みです。

今回三井物産が取得する鉱区はいずれも未開発鉱区ですが、ハネムーン鉱山は既に開発許可を取得、開発工事も始まっており、2009年末から2010年に商業生産を開始し、その年間生産規模は400トン程度、操業期間は6年間を予定しております。
このハネムーン鉱山に係る開発費用については、ウラニウムワン社と三井物産で各々の合弁事業に対する出資比率(ウラニウムワン社51%、三井物産49%)に応じ負担します。
ハネムーン以外の鉱区については、ウラニウムワン社と三井物産は、今後共同でこれらの鉱区の探査活動を行い、具体的な事業化計画を検討していきます。

尚、本売買契約および合弁契約は、豪州関連政府機関の承認を取得することが発効の条件となっており、ウラニウムワン社と三井物産は、本年内に本契約の正式成立を目標にしています。

本事業は三井物産にとり初のウラン権益取得案件となります。三井物産は石油・天然ガス上流事業、LNG、石炭など海外でのエネルギー資源の開発事業で長年にわたる実績があり、原子力発電向けウラン資源に関しても、世界の安定供給に寄与すべく、海外各国において投資機会を検討していきます。

対象鉱区の位置

豪州・南オーストラリア州/南部拡大図 豪州・南オーストラリア州/南部拡大図

ウラニウムワン社概要

カナダ・トロント及び南ア・ヨハネスブルグに上場する国際的なウラン生産会社。2007年の生産量は約900トンで、世界第10位の規模。ウラニウムワン社は豪州、北米、カザフスタン及び南アに資産を保有。

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information