Main

豪州シムスグループ株式追加取得のこと

2008年8月26日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区大手町、社長:槍田松瑩)はメタルスクラップをコア事業とする世界最大の総合リサイクル会社シムスグループ(英文名:Sims Group Ltd. 本社:豪州・シドニー、以下シムス社)の発行済み株式3.2%を、当社100%出資会社ミツイ・ロウ・マテリアルズ・デベロップメント(英文名:Mitsui Raw Materials Development Pty. Ltd. 所在地:豪州・シドニー、以下MRMD社)経由、約198百万豪ドル(約189億円)にて、豪州証券取引所等を通じて取得致しました。

当社は2007年6月、MRMD社を通じてシムス社の発行済み株式19.9%を取得致しました。その後、更なる株式買い増しを進めましたが、2008年3月、シムス社によるメタルスクラップ取扱量で米国第二位のメタルマネジメント(英文名:Metal Management Inc. 本社:米国・シカゴ)の株式交換を通じた買収・合併の結果、シムス社に対する出資比率は19.9%から16.0%になりました。

今回の株式取得により、シムス社への出資比率は19.2%となり、累計投資額は約897百万豪ドル(約894億円)となります。当社は筆頭株主としてシムス社に対して2名の取締役を差入れております。

当社は、「長期的な視野に立った優良資源資産の取得」を掲げ、競争力のある優良資産の確保を最重要戦略に位置付けています。メタルスクラップは、循環型社会の到来と共に成長性が見込まれる、持続可能な「地球に優しいリサイクル資源」と認識しており、当社はシムス社への出資を通じて環境問題の産業的解決に貢献してゆきます。

シムスグループ(連結ベース)

創業 1917年(1991年 豪州証券取引所(ASX)上場、2008年 ニューヨーク証券取引所(NYSE)上場 )
本社 豪州 シドニー
事業内容 鉄・非鉄スクラップの加工・販売、廃家電・通信機器等のリサイクル、アルミ二次合金、プラスチックリサイクル及び、タイヤリサイクル
売上高 5,551百万豪ドル(2007年6月期)
総資産 2,186百万豪ドル(2007年6月末)
従業員 6,000名以上(関連会社を含む)
事業所 大洋州、欧州、米国に235ヶ所以上(関係会社事業箇所を含む)

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information