Main

照明用有機ELパネルの事業性検証会社を設立

三菱重工業、ローム、凸版印刷、三井物産他合弁で

2008年5月28日


三菱重工業株式会社
ローム株式会社
凸版印刷株式会社
三井物産株式会社
城戸淳二


Main Contents

三菱重工業株式会社、ローム株式会社、凸版印刷株式会社、三井物産株式会社他は5月28日、照明用の有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルの事業性検証会社「Lumiotec株式会社」を、合弁で設立いたしました。新会社は2009年春からサンプルパネルの製造販売を開始する計画です。その後、事業性を見極めた上で、本格的な量産・販売体制を構築していきます。

同社は、各親会社が保有する技術や資源の結集を図って、有機EL照明の事業化を実現していく推進母体として設立いたしました。具体的には、有機ELパネルの更なる性能向上のための開発を加速させるとともに、サンプルパネルの販売を通して、既存光源の代替だけでなく、幅広い用途への応用や、新しい需要開拓の可能性を追求していきます。当面の主業務は事業性の検証となりますが、照明用有機EL専業会社の設立は、同社が世界で初めてです。
同社の資本金及び資本準備金は14億円で、三菱重工が51%を出資し、残りをローム(34.0%)、凸版印刷(9.9%)、三井物産(5.0%)、城戸淳二(0.1%)の各社・個人が出資いたしました。社長は三菱重工から重永久夫(機械・鉄構事業本部副事業本部長)が就任いたしました。本社所在地は山形県米沢市で、山形県の支援も受ける予定です。当面は従業員20人体制で運営していきます。

有機ELパネルは、白熱球・蛍光管などの従来型光源や、LED(発光ダイオード)にはない優れた特長を有し、次世代の照明用光源として期待されています。具体的には
(1)面発光で、極薄・軽量であるため、これまでにない照明デザインや演出を生み出し、住宅やオフィス、店舗、航空機や車両などの乗り物で、新たな居住空間を創出する。
(2)紫外線を含まず均一でムラのない柔らかい光は、肌や目にやさしいばかりでなく、演色性も高いため、美術館や商品ケース、化粧台などで、安全かつ付加価値の高い照明を実現する。
(3)水銀など有害物を含まないことに加え、将来は蛍光管の電力効率を上回って、省エネルギー化による二酸化炭素(CO2)の削減効果が期待できる、など。

今回の合弁会社設立は、これまでトレードオフの関係にあるとされてきた、高輝度化と長寿命化を両立させる素子構造の開発や、材料の利用効率を格段に高める高速で大型の製造装置(大型リニア蒸発源式インライン成膜装置)の実現に目処がついたことを受けたもので、今後、照明用有機ELパネルの事業化を強力に推し進めていきます。

新会社の概要

社名 Lumiotec株式会社
事業内容 照明用有機ELパネルのサンプルパネル製造・販売とパネル事業の事業性評価
資本金及び資本準備金 14億円(資本金7億円、資本準備金7億円)
出資者及び出資比率 三菱重工業(51.0%)、ローム(34.0%)、凸版印刷(9.9%)、三井物産(5.0%)、城戸淳二(0.1%)
代表取締役社長 重永久夫(三菱重工業株式会社 機械・鉄構事業本部副事業本部長)
本社所在地 山形県米沢市八幡原
従業員数 20人

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information