Main

金属リサイクル事業会社PCR社の売却について

2008年5月26日


Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区大手町、社長:槍田松瑩)は、5月23日、米国金属リサイクル事業者Pacific Coast Recycling, LLC(本社:カリフォルニア州ロングビーチ)の全権益を、豪州Sims Group Limitedと米国Adams Steel LLCが夫々50%の権益を保有する米国SA Recycling LLC(本社:カリフォルニア州アナハイム)に対して売却することで合意し、権益譲渡を実行いたしました。

Pacific Coast Recycling, LLC社は1996年に設立され、当社と当社子会社米国三井物産の双方が50%を出資する米国子会社Raw Materials Development, Ltd.によって保有される形態を取ってまいりました。

今回の売却は、当社の北米地域における金属リサイクル事業を豪州Sims Group Limitedに対する当社の既存事業投資に集約することを目的とし、当社事業ポートフォリオ戦略の一環として実行されたものです。

尚、Pacific Coast Recycling, LLCは南カリフォルニア地域において、ロングビーチ港を含む7つの集荷ヤードを保有し、年間の鉄屑・非鉄屑の取扱総量は約1百万トンに及びます。

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information