Main

カタール 発電・造水プラント事業に参画

2008年3月26日


Main Contents

三井物産は、スエズ・トラクタベル社(ベルギー)と共同で、カタール水電力公社から同国ラスラファン工業地区での発電・造水の事業権を受注し、事業会社の設立に関する契約に調印しました。

本事業会社は、2,730MWの発電能力と日量63百万英ガロンの造水能力を持つ新規発電・造水プラントを建設、保有し、完工後25年間にわたりカタール水電力公社に対し電気・水を供給します。総事業費は約39億ドル(総事業費用の約8割をリミテッドリコースファイナンスベースで銀行団より調達予定)であり、今後、本年4月に電気・水の売買契約及びプラント建設契約等を締結し、2011年4月の商業運転開始を予定しています。

中近東地域においては急速な経済発展に伴い、今後も新規インフラ案件が多数計画されています。当社は、中近東地域のインフラ事業を重点分野の一つと位置付けており、引続き積極的に優良案件の受注を目指します。カタール国において当社はこれまでに、Qatargas1/Qatargas3のLNGプロジェクトやLaffan Refineryでの石油精製プロジェクトに資本参画のうえ、エネルギー分野での事業展開を行なっている実績があります。今後は同国内の新規インフラ案件及び新エネルギー案件の開拓・推進、優良資産の獲得に取り組む方針です。

事業概要

出資者 カタール国営石油会社: 15%
カタール電力水道会社: 45%
当社: 20%
スエズ: 20%
事業内容 発電所及び造水プラントの建設・保守・運営・卸売(BOOT方式)
設備容量 ガス焚コンバインドサイクル発電プラント(2730MW)、海淡造水プラント(63MIGD)
事業期間 プラント完工後25年間(プラント建設期間:約3年)
販売先 カタール送電水道公社
総事業費 約3,900百万米ドル
資金調達 自己資金及びリミテッドリコース・プロジェクト・ファイナンス
スケジュール 2008年4月 電気・水売買契約、プラント建設契約等締結
2008年5月末 ファイナンスクローズ予定
2011年4月 プラント完工、商業運転開始
建設場所 ラス・ラファン・インダストリアル・シティ(Ras Laffan Industrial City カタール北部)

Ras Laffan

ご注意:
本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述はリスクや不確実性を内包するものであり、経営環境の変化などにより実際とは異なる可能性があることにご留意ください。また、本発表資料は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

Information